園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

苗から栽培のすずなりブロッコリー:お名前どおりです

あららん、すずなりブロッコリーが丸坊主。
丸坊主になったすずなりブロッコリー

犯人はヒヨドリではなく、わたくし。

昨日まではこんな感じの株でした。
すずなりブロッコリーの株

それなりに葉が茂って、花芽も収穫してました。「一株で約40本(目安)」といううたい文句うたい文句のごとく、細くて小さいながらも40本は収穫できた、わがやでは優良に値する株でした。けれども、水やりしてもすぐに乾くようになってきたので、たぶん根が詰まってきてしまったのでしょう。この鉢の大きさでは限界かなあと思いましておしまいにしたというわけです。

鉢から根を抜いてみたら、土が弾力のあるスポンジみたいにボワンボワンになってる。こぼれ落ちる土がほとんどありませんでした。根が土にぎっしり絡まってしまっていたんでしょう。
すずなりブロッコリーの根
うーん、鉢を大きくすべきなんだろうけど、極小ベランダですからねえ。
そうだ、この次栽培するときは、スチロール箱で水耕栽培にしたほうがいいかも、です。それなら根は広がりやすいだろうし液肥もたっぷり補充できるだろうし。ふむふむ、やってみよう。

ところで、刈り取ったものがこちらです。大きな葉と小さな葉。そして花芽。
収穫したすずなりブロッコリーの葉と花芽

こんなふうに仕分けしたのには、わけがあります。
このブロッコリーはなんと、葉も食べられるんですってさ。苗を買ったときについてきた解説の札にこう書いてあったのです。

「…通常のブロッコリーと違い葉も食べられます。(硬い大きな葉は調理には不向きです。若くやわらかめの葉をご利用ください)」。

そう、ちゃんと書いてあったんだもん。だから食べてもいいんだもん。
でもさ、小さい葉だけってのももったいないような気がするんだなあ。そこで、大きな葉だって食べられないとも限らんから、ためしに残してあるんですわ。

夜。まずは小さい葉と花芽をチンしていただきました。
すずなりブロッコリーの小さな葉

ほほう、小さい葉は、なるほどちゃんと食べられる。ほんのり甘さがあって苦くもなくさっぱりしてます。花芽はうまっ!
でかい葉もチンしてあるので、明日の朝調理してみようと思います。うふっ、なんかたのしみ~♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| ブロッコリー・カリフラワー | 20:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

硬い大きな葉も、漬物などにすれば美味しく食べられそうです。

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2017/03/31 21:45 | URL | ≫ EDIT

こんにちは~ともこさん

中々コメ残せなくてごめんなさい。
でもいつも楽しく拝読していますよ(^^♪

鈴なりさんは楽しまれましたね!(^^)!
花蕾類は美味しいので、ましてやスティックブロッコリーみたいに、次から次へと収穫できるこのブロッコリーは、本当にお得ですよね!
私も今年は栽培してみようと思っていますよ(^^)/

大きい葉っぱは私は茹でてからミキサーで細かくしてポタージュにしました!
美味しかったですよ、是非お試しくださいな♪

| ミーママ | 2017/04/01 13:09 | URL |

kasugai90さんへ

あ、お漬物! そうかそうか。細かく切ってじっくり漬けたら美味しくなりそう。なるほどです。
そう考えると、とれたての野菜の葉っぱならたいていのもんは食べられるんじゃないか、と。
キュウリの葉もなんとか美味しく食べられるといいんだがなあって、大量の葉を片付けるたびに忍びなく思います。  

| ともこ | 2017/04/01 16:37 | URL | ≫ EDIT

ミーママ さんへ

おお、ミーママさんもブロッコリーを栽培予定でしたか。ぜひぜひなさってみてくださいませ。
私はお初栽培だったんですが、このお得感にキュン。惚れちゃいました。

なになに、大きな葉は「ミキサーで細かくしてポタージュに」ですってぇ。そうか、それなら繊維のかたさもなんのそのですね。
グリーンが美しそうです。クリームもちょいと落としてうずうずにしみたりして。ほほっ、素敵です。
ああ、ときすでに遅し。今朝ほど、ぜんぶ食べてしまいました。次回の栽培ではぜひ、やってみたいですっ。

| ともこ | 2017/04/01 16:45 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1368-6d81dc47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT