お初栽培のヤグラネギ:テキトーな植え替え

2017.04.22 17:48 | EDIT

苗から育てておりますヤグラネギ。左が水耕栽培の株で、右が土栽培の株です。(撮影:4/21)
ヤグラネギの水耕栽培と土栽培の株

どちらも生長ぐあいはあまり変わらんように思います。若干水耕の方が太くてしっかりしてるでしょうか。

葉の先端には、ヤグラ部分が首を持ち上げてました。
ヤグラネギのヤグラ部分。

水耕栽培の容器の底をのぞいてみると…。うひゃ、根が出ておる! しかも、ばっちい! 
水耕栽培の株は容器から根が飛び出していた

ま、しかたありません。あまりお世話してなかったから、藻が発生し放題ですわ。

ともあれ、植え替えせにゃあ。
えーっと、まずは、パソコンをつけ、ヤグラネギのお師匠さん:ミーママさんのブログまりちゃんのベランダ水耕栽培を開き、さらにブログ記事「私の春からの目標とヤグラネギの植え替え 」へ。
これで準備万端。さて、あとは記事を拝見しつつ順番に作業していけばいいのだ。わー、簡単。

さっそく、容器からバーミキュライトをかきだし、苗を水道でざっと洗い落としてみました。こんなもんでどうじゃろ。
バーミキュライトを払い落としてるところ。

一鉢に6本ほど固まっていたので、分割することにしました。

とりあえず、2本ずつのを2組作り、2鉢に分けて植えてみました。
植え替えした水耕栽培のヤグラネギ

使う鉢は、今まで苗が入っていたのを、再利用できるんだそうな。これもミーママさんの記事にかかれていたことです。
だいぶ使った鉢なので、傷がついてもいいからとステンレスタワシで洗ったら、案外きれいになりました。へー、です。
容器の汚れを洗い落として再利用

使用するもう一鉢は、古くなった鉢にハンダごてで穴をあけて使うことにしました。あら、穴がタコのの吸盤みたい。
鉢にハンダごてで穴をあけて水耕栽培用に使います

残りの1本ずつは、ペットボトルへ。ところが、茎の白いところが容器から出てしまうので、ファイルを挟むシートを切って巻き、バーミキュライトを入れて埋めこんでみた。どんなもんじゃろか?
1本ずつペットボトルに植え替えたヤグラネギ

つづいて、土栽培の株分けに取りかかる。
こちらは一鉢に4本だけだったので、大きめの鉢に全部同居させてしまいました。ま、いいいか。
170422_yaguranegi_8133.jpg

さあて、ヤグラネギはこれにて2鉢から5鉢に増殖したことになりますな。今後さらにヤグラ部分を取れば、またまた苗がふえるという寸法なんでございますが、はたしてうまいこといきますかどうか。おったのしみ~。

えーっと、すべてめでたく植え替え完了って思ってたら、しまった!
うっかり葉っぱを2枚折ってしまったんでした。あ~あ、もったいなあ。
植え替え中に折れてしまった2枚の葉
もちろん、食べます。やったー、おかげさんで試食できるってもんですわい~♪

【ちょいとひとこと】
●ヤグラネギの植え替え方法につきましては、ミーママさんがブログにお写真入りで丁寧にご紹介くださっています。
●ヤグラネギ購入して、ベランダに苗を植えた日:2016年9月9日。(今、7ヶ月が過ぎたところなんだなあ。ふむふむ。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 葉菜類 - ネギ
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

こんばんは~ともこさん

ヤグラネギの植え替えは初体験ですね。
これは何にでも応用出来るので、次はバッチリですね♪
そしてご丁寧なご紹介、痛み入ります!
初夏には子ネギも移植出来ますから、ドンドン増えて、嬉しい悲鳴となる事でしょね(^^♪
我が家のヤグラネギも市内、県内外に広がって、愛好家が増えていますよ(^-^)
ともこさんもお仲間を増やしてくださいね。
ワケギも乾燥出来上がったら送りますからね(^_-)-☆

ミーママ | 2017.04.22(Sat) 21:48:45 | URL | EDIT

これで、また増やせますね~
ネギ坊主は、種採り用?

ポチ、ポチ、っと!

kasugai90 | 2017.04.22(Sat) 22:46:50 | URL | EDIT

ミーママ さんへ

ヤグラネギの植え替え。ミーママさんのブログ記事のおかげでなんとかできました。あとは、そそっかしいので、うっかりけつまずいて鉢をひっくり返さないようにいたさねば、です。へへっ。

それにしても、ヤグラネギは子ネギの移植といい、ずいぶんと重宝なおネギなんですねえ。
そして、今や水耕栽培をなさる方々の合い言葉になっている「いつでもレタス」というフレーズのように、これからはヤグラネギの普及で「いつでもおネギ」とささやかれるようになるんじゃないかなあ、って思ったりしています。

小さなベランダではふつう、野菜をたっぷり作って食べられることはかないませんが、ネギなら少量育てても「たっぷり食べられるしあわせ感」がありますもんね。はいっ、私もご近所さんにネギの配達させていただきまーす。

さらに、ワケギ様にもお越しいただけるとのこと。ありがとうございます。あの、あの、ゆっくりお待ち申し上げております。
届いて即、食べてしまわないようにいたさねば…(;^_^A )

ともこ | 2017.04.23(Sun) 15:38:44 | URL | EDIT

kasugai90 さんへ

はい、ネギがベランダに、ネギネギネギ…と並んでおります。おかげさんで、納豆が隠れるほど山盛りにネギをのせて頂いている今日この頃でございまして。

ヤグラネギのネギ坊主ですが、このネギ坊主部分はなんでも、タネではなく、小さいネギの形をした赤ちゃんに育っていくものらしいです。ですので、タネまきをせずとも、その小さなネギをそのまま植え付ければいいみたいです。
ネギはタネから育てるとずいぶん時間がかかりますが、その部分をはしょって栽培できる品種らしいです。

ともこ | 2017.04.23(Sun) 15:46:59 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード