ルッコラに苦戦

2017.04.28 19:54 | EDIT

3月4日にルッコラの、ロケットとコルチバータとセルバチカエクストラの3種類を種まきしました。それがまあ、なんともはや、むずかしい。

3月30日ごろまではすくすく育っておったんです、こんな感じでね。
3/30 種まきして26日後のルッコラ

それが暖かくなるにつれ、アブラムシがどんどんふえてまいりまして、どうにもこうにも。

4月26日。とりあえず、ポットごと水道の水を上からジャージャーかけてみましたが。また翌日にはおそらく軍団は復活してるんだろうなあ。そんなもんでビビる方々じゃあございませんでしょうし。

ともかく、シャワー後のいくらかさっぱりしたルッコラ一門をご覧くだされたし。

左の縦2列がコルチバータで、その右側一帯がロケットです。
4/26 ルッコラのコルチバータとロケット

ロケットはまだそれでも葉が大きくなっているんですが、コルチバータがちっとも育たん。

セルバチカエクストラにいたっては、ほぼ壊滅状態。
4/26 ルッコラのセルバチカエクストラが全滅

冬にコルチバータを栽培したときは、こんなふうにわりとよく育ってたんですけどねえ。(撮影:2/27)
2/27 ルッコラコルチバータの最後の株姿

アブラムシがご活躍する春の葉物野菜はむずかしいのかもしれません。といっても、苦みのあるチコリにはアブラムシがほとんどいないところをみると、お味のよろしい野菜にとりつきたいということなのでしょう。

あー、もったいなあ。まだ1枚も食べておらんのに。

ふと、葉の裏をのぞいてみましたらば。これ、テントウムシの幼虫ですか?
4/26 テントウムシの幼虫

ははーん、アブラムシが出回れば、テントウムシが張り切るってわけですね。
期待しましょう。ぜひぜひよろしくお願いいたしますぞ。(たった一匹しかおらんけど…。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 葉菜類 - ルッコラとクレソン
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

アブラムシ対策。
これからの時期、毎日注意ですよね~

ポチ、ポチ、っと!

kasugai90 | 2017.04.28(Fri) 20:48:05 | URL | EDIT

こんにちは~ともこさん

いよいよ害虫との戦いのシーズン開幕ですよね!
我が家も始まっています~~(>_<)

今日頂いた穴開き鉢使って、ミニトマトの栽培開始しました(^^♪

ブログアップは先になりますが、ご報告まで。

ミーママ | 2017.04.29(Sat) 13:27:23 | URL | EDIT

kasugai90 さんへ

はい、すごいです。あっというまに蔓延してますもんね。
柔らかな葉物野菜はことに激しいみたいなので、秋まで、これらの野菜はごく少量の栽培にとどめ、トマトやキュウリなどをおもに育てた方がいいかもしれないなあと思ったりしております。
ただ、実物野菜は毎日収獲できるほどではないでしょうから、それがちとさびしいですね。

ともこ | 2017.04.30(Sun) 14:27:03 | URL | EDIT

ミーママ さんへ

ありゃま、ミーママさんのところも害虫現る、でしたか。うーん、悩ましや。
あのう、今頃ですが、お洗濯用ネットに入れて栽培なさっているミーママさんのお知恵にふかーくうなずいておるしだい。
無防備ではなかなかうまくいかんのだなあ、と実感。

ミーママさん、いよいよミニトマトを栽培なさるんですね。そういえば、いろんな苗がたくさん売られている時期ですもんね。
穴あきの鉢ですが、そのままでは穴が小さいような気がして、ハンダごてでかなり大きく穴を拡大させてみたりしていますが、どうんなもんでしょう。自信がありません。
ミーママさんのご研究がとっても待ち遠しいです。

ともこ | 2017.04.30(Sun) 14:36:57 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード