苗から水耕栽培のイチゴ「めちゃウマ!」がめちゃめちゃ

2017.05.05 19:27 | EDIT

イチゴにぴったりのいい季節なのでしょう。葉っぱが軒並み大きくなりまだしました。品種は「めちゃウマ!」という四季なりのイチゴです。
ベランダのイチゴ


すこし葉をかきわけてのぞいてみると。

こちら土栽培のイチゴです。実がめちゃ並んでました。
土栽培のめちゃウマ!の株姿

一方、水耕栽培のイチゴはといいますと。めちゃめちゃ並んでる。
水耕栽培のめちゃウマ! たくさんの実

いくつあるんだろう。一株にこれほどの実がつくものなんだろうか。なんかちょっと心配になってくるぞ。むやみに数だけふやしてないかあ? もしや、さして大きくなれない実だったりして? これは減数とかいうのをするべきなんじゃないのかあ?
なにしろイチゴ栽培を成功させた経験値ゼロなもんですから、よくわからんのです。

ともあれ、このめちゃめちゃ実をつけてるイチゴの株は、ランナーも出した親株なんですが、さらにべつの新芽を根元のすぐ隣り隣りに作るタイプみたいなので、広口のザルを使った水耕栽培にしています。ザルにゴミ用の不織布をしいて、その中にバーミキュライトをいれました。
イチゴの水耕栽培 ザルの中にバーミキュライト

ザルの中央部分には10センチ弱の穴をあけ、長い根が下の液肥に届くようにしてみました。さらに、フェルト地を細く切ったものを根に沿わせてたらしておき、この布をつたってザルの中のバーミキュライトにも液肥が浸るようにしてみたつもり。
水耕栽培のめちゃウマ!の根


再び、土栽培のイチゴの実を見てみよう。じろり。
土栽培のめちゃウマ!  実

水耕栽培のイチゴの実は、どんなだったかなあ?
水耕栽培のめちゃウマ 実の大きさ

ふむふむ、どちらにも、大きそうな実もあれば、小さくてしょぼい実もできているみたいです。 
ま、もうすこし様子をみましょうかのう。

それにしても、今頃のイチゴの花は大きいんですねえ。冬は直径1センチ程度とだいぶ小さかったけど。
イチゴのめちゃウマ! の花と実

ユニークな実も多々ありますが、なかにはこんな形のいい実もあったりして、ほ~っと、見とれますなあ。
水耕栽培のめちゃウマ! こんもりとした実

人工授粉は、やったりやらなかったり。液肥も、イチゴは他の野菜より薄いほうがいいらしいのだが、それも薄めたり薄めなかったり。なんともテキトーな栽培っぷりです。ほんにまあイチゴ向きの季節に感謝だなあ、とぞ思う。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 果物 - イチゴ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

たくさん実が付いていますね~
ある程度摘果しないと、実が甘くならないかも?

ポチ、ポチ、っと!

kasugai90 | 2017.05.05(Fri) 23:26:40 | URL | EDIT

kasugai90 さんへ

あ、やっぱりそんなことじゃないかなあと思ってました。お教えいただきありがとうございます。
いま、急いで形のよろしくないのや小さ過ぎるような実をつんでしまいました。
これでなんとかお味のほうにも貢献してくれたらなあと期待しております。
よくみると、実の数の少ない株ほど一個の実が大きいようです。
お味も上々ならうれしいですが、数が少ないわ、甘くもないわ、だったりして。ひゃー、です。

ともこ | 2017.05.06(Sat) 16:29:17 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード