• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2017/05/14(Sun)

種から水耕栽培のキュウリ:タイの品種は梅雨に強いだろうか

曇り空で涼しいです。ベランダの液肥補充に焦らなくてもいいお日よりであります。

キュウリに花芽がついてました。ちいさいねえ。
タイキュウリのテンクワーに雌花

それもそのはず、小型の実ができるテンクワというタイが原産のキュウリですってさ。

これは3月11日に種まきしたときの写真です。ということは2ヶ月くらいで花芽がつくってことでしょうか。
3/11 タイのキュウリ テンクワーの種まき
ほー、種がいっぱい入ってたんだ。(もったいなあ。煎って食べられたらいいのに。)

株の大きさはこんな感じ。身長30センチくらいでしょうか。
タイキュウリのテンクワー

出身地がタイということですから、湿度や高温に強い品種なんだろうなあと予想してるんですがどうでしょう。

ややっ、不穏な気配。葉に白い斑点があるじゃないか。
キュウリのテンクワー うどん粉病になってるみたい

うどん粉ですな、これ。うううっ。なにかしらの対策をいたさねばなりますまい。

ま、こういうこともあろうかと、別の品種もご用意してましたのさ。

はい、こちら。節なりキュウリの「なるなる」2株と、四葉タイプ(イガイガのとげありで歯ごたえがよろし)の「F1多福四葉」です。(撮影:5/12)
5/12 節なりキュウリの「なるなる」と四葉タイプの「多福」

なぜかF1多福四葉の双葉がくっついたまま。ハートになって育ってます。
四葉タイプの「多福」 双葉がハートになっておる

キュウリの生長って早いんですねえ。
これより2日後には、本葉が広がってました。(5/14)
5/14  四葉タイプのキュウリ「多福」と節なりの「なるなる」

こちら3株の種まきは4月29日でしたので、約15日でこれくらいに育ったことになります。暖かくなると、どんどん生長が早まるんだなあ。

ときに、日本は梅雨あり。というわけでキュウリなどは「うどん粉病回避、命」みたいな使命をもって品種改良なさっているような気がしています。だからきっとこちらの日本出身の3株ならば、少しは病気に強いんじゃないかと期待しておるわけですが、どんなもんでしょうかねえ。
あ、思い出しました。以前栽培したとき、どういうわけか、四葉もなるなるも、葉がかんざしみたいに固くなる病にかかったんでした。
あれはたしか涼しい日が続いたときだったかも。低温には弱いのかもしれませんね。

そうそう。めんどくさがり屋のわたくしですが、昨年ぬか床をご近所さんがくださり、冬越しをさせることができました。(ぬか床の上に塩を大量にのせておいただけですが。)ただ今徐々に塩抜きをしているところ。
もうじき爽やかなお漬物が食べられるようになることでしょう。
ベランダのキュウリどの。わたくしの人生初作製ぬか床へのお越しを、節にお待ち申し上げておりますぞい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事
Home | Category : キュウリ |  コメントアイコン Comment7  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • キュウリのうどんこ病。
    これは、避けられないですよね~
    できるだけ、雨が掛からないようにしたいです。

    ポチ、ポチ、っと!

  • 唐辛子に水ナスにキュウリ、更に糠床!
    私が出来ない事にチャレンジされているともこさんに感服です(^^)
    私はトマトだけ初で、後は以前と変わらずですよ。
    しかも規模を縮小しました。
    恐らくある程度育ったら母にバトンタッチするでしょう……悔しいですが(´・ω・`)

    ルッコラ、アブラーにも負けずに育てて下さって有難う御座います(*´∇`*)

  • kasugai90 さんへ

    ああ、やっぱりうどん粉病はもれなくついてくるってことになりますかね。
    ベランダなので雨はなんとかしのげるかと思いますが、湿気があるので、扇風機とか除湿機でもおいときたい気持ちです。
    いや、野菜のみならず、梅雨の時分は人間もかびそうな予感。ううっ。

  • サキさんへ

    なんだかねえ、やってみたい気持ちが先でいろいろ買ってしまった夏野菜の種です。ナスなどは特に毎年撃沈しているのに、です。

    サキさん、トマトに挑戦なさっておいででしたか。そりゃおたのしみ~♪
    規模の縮小もなさったのですね。ああそれだいじなことだなあと、今頃反省しております。限りあるスペースですもんね。
    年度初めには、少数精鋭でまいろうと決めたつもりなんですが…。

    お母様と二人三脚ですか。わあ、あれこれお話しながら野菜栽培。お賑やかでたのしそうです。
    ルッコラは、おかげさまでもうじき初収穫できそうですよ。とってもたのしみです。秋にはサキさんからいただいたダイコンの種もまくのだ! ←なぜか気合いが入ってます。

  • こんばんは~ともこさん

    うどんこ病は悩まされますよね。
    今回オリーブオイルと重曹の撃退薬を教わったので、エンドウに噴霧したら、綺麗な葉になりましたよ。
    メールしますね♪

    キュウリは月末までに種蒔きしようと思っています。
    今日やっとミニトマトをエアー装置栽培が出来ましたからね♪
    もう少し根が下に伸びるまでは液肥を十分に入れています。
    空気層は5cmもあれば良いのかしら?

  • ミーママ さんへ

    な、なんと、うどん粉病には「オリーブオイルと重曹」でしたか。
    ミーママさんのブログ記事とコメント欄を拝見しましたら、マロさんのブログ「ニャハハの家庭菜園ーポタジェと水耕栽培」に行き着き、そちらで作り方を勉強させていただくことができました。

    重曹は今、戸棚を探したら発見しました。また、オリーブオイルもキッチンにあり。あとは噴霧する霧吹きで、これは明日おつかいの際に手に入れれば実行できそうです。やあ、うれしいです。ありがとうございま~す。

    ミーママさんのところは、続々と夏野菜が大きくなって装置もさらに進化しておられるみたいですね。
    「空気層」についてですが、私も5センチくらいをめどにして、根が大きくなるにつれ10センチとか多めになったりしております。
    また、トマトは液肥がほとんどなくなってぐったりしても復活してくれましたが、ナスは液肥が低いとふにゃふにゃになってボツになりました。
    ミニトマトのピッコラカナリアは、もう実もできつつあるご様子。ウヒャヒャ、楽しみであります!

  • こんばんは

    今娘宅です。
    今朝メールしようと思っていたのですが、呼吸器内科の診察日でした!
    慌てて病院に出向き、検査やら診察やらで、すっかり忘れてしまいました(>_<)
    ごめんなさいね。
    マロさんのブログに辿り着けて良かったですよ♪
    彼女は色々と試されて、紹介してくれていますので、是非参考になさってくださいね。

    明日はトマト大王の容器栽培をしたいと思っています。
    これからも宜しくご指導お願いします。

Home Home | Top Top