• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2017/06/03(Sat)

水耕栽培の四季なりイチゴ「めちゃウマ」:デカい実とウマい実

うちで育てているのは「めちゃウマ」てな商品名のイチゴなんですけど、同じデルモンテ社さんから「めちゃデカ」というイチゴ苗も販売なさってるみたいです。
さーて、「めちゃウマ」と「めちゃデカ」、2種類あったらどちらの苗をお求めになります?

思いまするに、「めちゃデカ」をわがやで育てたら、ほんの少しデカくなる程度のイチゴになりそうな気がします。
一方、「めちゃウマ」もわがやで育てたら、ほんの少しウマくなる程度でしょう。

ほんの少しデカいイチゴと、ほんの少しウマいイチゴ。どっちがいい? これ、究極の選択ですな。

私はこのたび苗を買う際、「デカくてまずい」より「小さくてもウマい」(だろう)を選んじゃったわけですが、はて、どんなもんでしょう。実際のお味やいかに。

さてさて、親株の実はこれまでも何度か収穫しましたが、小粒でおおむね酸っぱくてやや甘いという感じでした。子株の実もぼちぼち大きくなってきたので、たしかめることができそうです。

●5月30日
親株のランナーからでた子株を順番にのぞいてみました。

めちゃウマ【一郎株】 まだ青いなあ。
5/30 イチゴ・めちゃウマ収穫まだまだの一郎株

めちゃウマ【二郎株】 おっ、右から2個目あたり、イケルかも。
5/30 イチゴ・めちゃウマ収穫前の二郎株

めちゃウマ【三郎株】 左下がOKと思われる。
5/30 イチゴ・めちゃウマ収穫前の三郎株

てなわけで該当する2個を摘んでみた。おお、珍しくちょいとデカいかも。
5/30 イチゴ・めちゃウマの収穫

お味は…、すっぱさ減少、甘さやや上昇って感じです。


●5月31日

前日よりは小ぶりでしょうか。お味は、前日のとそう変わらないかも。
5/31 イチゴ・めちゃウマの収穫

●6月1日

この日は、子株だけでなく、親株の実も収穫。だいたいはこんな感じで小ぶりなのが多いです。
6/1 めちゃウマ 親株と子株のをあわせた収穫

●6月2日

二郎株。いつになく大きいのがあるような気がするんだが。
6/2 めちゃウマ 二郎株

近づいてみる。ありゃま、左端のがデカモードになっとるがな。
6/2 めちゃウマ 二郎株の実

ズシッ。わたしの数少ないイチゴ栽培歴史上、最高のデカサイズかも。
6/2 めちゃウマ 二郎株の大きな実を収穫

体重測定の結果、24.4グラムだそうな。
6/2 めちゃウマ 二郎株の大きな実の体重測定
これ4個あったら約100グラム。
あと3個収穫できたらなんかうれしいじゃないかと探してみたが、この一個だけでしたわ。(←これこれ欲張っちゃいかんよ。)

ほくそえみつつ、デカいのを割ってみたら…
6/2 めちゃウマ 二郎株の大きな実を割ってみる
いやんもう、スがはいっとるがな。

そうなんだよ、ジャガイモなんかもさあ、大きいやつに限って中が黒くなってたりするんだよなあ。
お味は、割れてるわりにはうまいです。「まあまあウマ」いほうにはいっとるです。

せっかくですから種をとっておきましょうぞ。同じ品種になるかどうかはわかりませぬが。
実をへぎへぎしてキッチンペーパーに貼り付けた。
6/2 めちゃウマ 二郎株の大きな実から種をとる

ん? これって、はがした果肉がもったいないような気もするんだが?(と、ケチケチ思ってしまうのだった。)

この日の夕方、もう一個を収穫する。
6/2 めちゃウマ 二郎株の実、2個目を収穫

朝みたときはまだそれほど赤くなっているようにも思えなかったのだが、暖かいというか暑いせいか熟すのが早いのかもしれません。こちらは、ご近所さんから梅干しをいただいたので、そのお礼にもらってもらいました。

さてさて、イチゴのお味についてですが。
率直に申し上げまして、冬に収穫したときのほうがうんと「めちゃウマ」だったです。今よりもっとずっと小さい実だったけど、甘くすっぱく、濃いお味でした。見かけは今のほうが圧倒的にりっぱですけどねえ。なんでかなあ、おもしろいです。

そして、お味でいえば、この「めちゃウマ」イチゴではなくて、同じく四季なりのイチゴの下の写真の株のほうが、ずっとウマいと感じます。
こちらは、種から育てた土栽培の株。商品名なしの種でした。実が小さくてワイルドベリーっぽく感じます。
四季なりイチゴ(商品名はない)の株

今ちょっと調べてみましたら、ワイルドベリーは「古株の方が強く甘みを感じます」との記述がありました。新しい株はすっぱさが強いのだとか。〈古いのに美味しい、古いから美味しい〉ということもあるんだなあ、と思ったしだいです。

「大粒でりっぱだけど、お味はそれほどでも」と、「小粒で貧弱だけどお味はよろし」。これまた悩ましい究極の選択でーす。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事
Home | Category : 四季なりイチゴ |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 大きくて美味しいイチゴの実を見ると、子孫を育てたくなりますよね~
    その種(実)で、美味しいイチゴが出来そうです。

    ポチ、ポチ、っと!

  • kasugai90 さんへ

    はい、ついつい出来心でタネとりしたくなっちゃいました。
    タネをキッチンペーパーに貼り付けたまではよかったんですが、乾いたらタネまで一緒にくっついてしまってとれにくいのなんの。
    改めて水をかけてタネをはずしている始末。もうほんと、なーにやってんだかです。
    このタネの実、美味しいかったらうれしいですね。それなりだったらどうしましょ。わはは。

Home Home | Top Top