水耕栽培の四季なりイチゴ。時季外れはどうなるの?

2017.06.13 18:04 | EDIT

昨年の秋にホームセンターで2株の苗を衝動買いした四季なりイチゴ。もう夏近しですが、まだぼちぼち収穫しています。品種は「めちゃウマ!」(デルモンテ社)です。

6月10日の分。
6/10 四季なりイチゴのめちゃウマの収穫

6月11日の分。
6/11 四季なりイチゴのめちゃウマの収穫
ん? 右端の実が、なんかちょっと傷みかけているような感じなんだが…。

この実は、購入した2株のうち、土栽培をしているこちらの株からとれました。
土栽培のめちゃウマの株

そういえば今まで、この土栽培の株からとれた実は、形がユニークで小ぶりな実が多く、数もあまりとれていません。

こちらの水耕栽培にしている株と並べてみました。左が水耕栽培。右が土栽培。
めちゃウマの土栽培と水耕栽培。それぞれの株。
土栽培株が小さすぎるのか、水耕栽培株が大きすぎるのか…。

うーむ、土栽培の方はどうもうまくいっとらん。土を掘り返してみると根が黒っぽく変色しておるではないか。あ~あ、なぜかわからんが失敗じゃあ。株を引っこ抜き、むなしくゴミの袋につっこむ。

よおしこの上は、イチゴはすべて水耕栽培でいくしかあるまい。

残った水耕の株を眺めていたら、あらま、ピロリロリンとランナーがおでまし。
めちゃウマの水耕栽培の株からランナーおでまし

なんとまあお元気なことで。
じつはこの株、最初に買った苗ではなく、その苗から出たランナーからできた苗(2番目。農家さんでは二郎さんと呼ぶそうな)なんです。
まさかランナーからできた苗からまたランナーがおでましになるとはねえ。いやはやびっくり。

ちょっとややこしいんですが、つまりランナーからできた苗は全部で3株ありまして。

下の左が先ほどからご覧頂いている2番目の株(二郎)。右が1番目の株(一郎)です。
左がランナーからできた2番目の株。右が1番目の株。

そしてこれが3番目の株(三郎)です。
3番目の株。

そうだそうだ、この際根っこも検査しておこう。栽培容器のザルをめくる。

一郎株。
ザルを使った水耕栽培のイチゴのめちゃウマ
薄茶色。白いほうが二重丸なんだろうけど、まあまあってとこかな。

二郎株。
6/12 水耕栽培のめちゃウマの根(二郎株)
にたようなもんかな。

三郎株。
6/12 水耕栽培のめちゃウマの根(三郎株)
同じく、か。

ありゃあ、どれも液肥がへってる。追加いたさねば。
イチゴの液肥について、ネットなどでは通常の濃度よりも薄くして使うといいみたいなことが紹介されているんですが、もうめんどくさいのでトマトなどと同じにしてしまってます。すまん。

ところで、最初に買った2株のうちのもう一株(ランナーの親にあたる株)はどうなっとるかといいますと、ただいま産休中といいますかなんといいますか。

はい、これですわ。右が親株、左側にランナーが3本でてまして。
6/12 親株からランナーおでまし。

もっか子株3個を育成中。
3本のランナーからそれぞれに新しい株ができつつあります

えーと、この親株はつまり去年買ってきてからランナーをだし、まず最初の3株を育て、また今次の3株を育てているということになります。なんともはや、お元気な株ということでしょう。

ところで、そんなお元気な親株の、実はどんな感じのもんができるんでしょうねえ。美人さんでしょうか、それとも、それなりさんでしょうか。

ランナーをたくさんお出しになる親株の実は、こんなお顔です。
6/12 ランナーをたくさん出す親株の実

ははは。とうてい美味しそう、とは言いづらいような、ですが。
いいえ、イチゴは顔じゃないよ中身だよ、といいたいところですが、ご覧頂いた通りのお味です。すっぱあ!!!

四季なりイチゴの収穫は、もうじき春の部がおしまいになり、次はたぶん秋になるのかなあ。お初栽培なのでよくわかりません。
まあ今は、なんとかランナーをうまく根付かせることができたらいいなあと思ってるんであります。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 果物 - 四季なりイチゴ
Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

四季生りイチゴは、まだまだ生りますよね~

ポチ、ポチ、っと!

kasugai90 | 2017.06.13(Tue) 22:14:03 | URL | EDIT

kasugai90さんへ

わー、そうでしたか。
四季なりのイチゴは春と秋の2回が収穫時期と書かれていたサイトさんもあって、もうあまり収穫できないのかなあと思ってました。春が一番よく実ができるのかもしれませんが、その他の時期もたまにちょっとおつまみ程度ぐらいには収穫できたらうれしいですもんね。

ともこ | 2017.06.14(Wed) 19:48:13 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード