• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2017/06/17(Sat)

トマトの色と味

ブラッディタイガーなるミニトマトを育てております。初めて栽培です。(種まきは1月。)
名前の由来は、なんでも「野生の虎がリコピンシャワーを浴びたようなビジュアルから」(タネの販売元/マロウの地中海トマトより)だそうでございまして。

それが、どうやら色づいてきたようなんですが。(撮影:6/6)
6/6 ブラッディタイガー

いったいどのあたりが収穫OKなんでしょう。なんかどうもよくわからんのですわ。
なにしろこんな怪しげな色なもんですから。赤茶色と緑色になるらしいんですが。
6/6 ブラッディタイガーの実の色具合
と悩ましく思い始めたのが6月10日。

それから2日後(6/12)。おっ、ぐっと色がくっきりしてる~♪
6/12 ブラッディタイガー
もういいかい? と思ってみるが、やっぱりわからん。

それで、ふと、このタネを販売なさっているサイトさん(マロウの地中海トマト)を見にまいりましたらば、「そんなこともあろうかとこちらをご覧くださいましな」という感じで、実物写真を紹介してくださっていたのでした。

タネのサイト:マロウの地中海トマト
記事:ブラッディタイガーの収穫適期より
ブラッディタイガーの収穫適期

おお、なんとも至れるつくせりなことで。ご親切にありがとうございます、でありました。
ではでは、さっそくわがやのトマトがどのあたりに位置するのか見比べてみようではないか。

ということになりまして、本日、6月16日。これなんですが、どんなもんでしょうかねえ。
6/16 ブラッディタイガー
ややっ、このかなりな赤みぐあいからすると、もう「完熟」すぎて「過熟」になってるんじゃあるまいか?

でもですねえ、この房全体をうつした写真をみると、くだんの実は左端なんですがそれほどでもないような気もするんですがどうでしょう。
6/16 ブラッディタイガーの一段目の房全体

なにしろ実ができているところは葉の陰に隠れて暗いし、時間によって明かり具合が変わるし。色ってよくわからないもんだなあ。
まあ、もうきょう(16日)は夕方だから、また明日観察することしよう。
…以上、ここまでは昨日書きました。

ここからは、本日(17日)です。夕方、気になっていたあのブラッディタイガーを2個、収穫。
はたして、どんなもんだろう。今から試食です。
6/17 ブラッディタイガーを初収穫
あのう、とんでもなく美味しくなかったとしても食べますよ、もったいないですから。
(と、いっておくことにします。まずかった場合にそなえての心の準備です、はい。)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事
Home | Category : トマト |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top