園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3月種まきの水耕栽培インゲン:おしまーい

薄暗い梅雨空にもかかわらず、さらに室内を薄暗くしているツルありのインゲン(商品名:成平/なりひら)。(撮影:6/14)
インゲンの成平 室内側からみたところ

「爽やかな緑色のカーテン」ではありますが、おかげさんで、本日のお天気がいいんだか悪いんだがよくわからんです。

ベランダ側から見ると葉っぱしか見えんのですが、こうして室内側からのぞくと、実がちらりほらり。
インゲンの成平 最後の収穫物

ぼちぼち食べられそうだとなると、にやけますなあ。
とはいえ、花の姿はもうほとんどなくなり、今後はごく小さい実がいくらか育っていくくらいのもんかと思われます。
おしまいにするか。

その前に一応根ものぞいてみよう。
水耕栽培のインゲン その根っこ

白いので傷んではいないようです。それにしても、穴鉢の中は根っこでぎっちぎち。一鉢に2株もつっこんで植えたからなあ。今度からは、穴鉢の穴を取り払ってしまおうかと思う。この小さく区切られた穴がどうもなんかお邪魔をしてるような気がするのだ。

さて、最後の収穫であります。中央の実は20センチほどありました。今回の栽培でこれが一番長かったかも。
収穫したインゲンの成平

つるありインゲンはお初栽培でありましたが、思いのほか収穫できました。

収穫量は、週に1~2回でしょうか。手のひらにこんだけとれました。結構たのしめます。(撮影:6/2)
6/2 収穫最盛期のインゲン(成平)

キヌサヤよりずっとたくさんとれたし、下からうどん粉にやられて枯れ上がってくることもありませんでした。葉っぱもつるも丈夫。歯ごたえキシキシ、ほの甘し。いいなあ、つるありインゲンて。

なおこのインゲンの栽培方法を調べたら、「13℃以下の低温や気温が30度以上ですと受精が不良になって落花が発生する」そうな。涼しくなる秋口にでもぜひまた種まきしてみたいです。タネは今回ので4粒しか使っていませんから、まだたーくさん残ってるし~♪

(若干の注意事項)
当初はアブラムシにだいぶ泣かされました。ガムテープでせっせととってましたけど、そのうちテントウムシの幼虫に助けられ、結局、防御用のキラキラテープを貼ることもなく終わってしまいました。

【インゲンの成平:栽培覚え書き】
.種まきは、3月25日。
・花が咲く:50日後。
.初収穫:66日後。
・撤収:81日後(6月14日)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| インゲン | 20:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

豆類は、未熟な莢も利用できる。
秋にまた種蒔きしたいですよね~

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2017/06/15 23:13 | URL | ≫ EDIT

kasugai90 さんへ

はい、ぜひ種まきしたいです。
インゲンなんて、お店ではめったに買わないのに(買わないから?)、育てて食べたいなあと思ってしまいました。
また、水耕栽培でもそれなりに収穫できたのはありがたく、土栽培のように連作問題で悩まずにすむのも助かります。

| ともこ | 2017/06/16 13:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1413-cd3758b1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT