水耕栽培のキュウリ:大きくならない実

2017.06.25 15:27 | EDIT

キュウリがねえ、キュウリの実がちっとも大きくならんのさ。
花は咲くんです、花はね。手前の株が節なりのキュウリ「なるなる」で、奥の株すうよう(四葉)/イガイガが多い)タイプの「多福(たふく)」です。
水耕栽培キュウリの四葉タイプ「多福」と節なりの「なるなる」

雄花ばかりじゃないんです。雌花もできてますのさ。

こちらが節なりの「なるなる」。なんかどうもほっそりしてるけど。
節なりの「なるなる」の雌花

そして、こちらがすうよう「多福」の雌花。イボイボがいっぱいで、いかにもすうようって感じにはなってるんだけど。
四葉タイプの「多福」の雌花

この姿のまま、ちっとも変わらず。もうかれこれ1週間あまりたってますのさ。

これなんかもうすでにしなびてますがな。(すうようの多福。)
しなびた四葉タイプのキュウリの雌花

この〈雌花が咲いてのち実がおおきくならん〉という現象は、前回のキュウリ栽培でもみられました。タイの「テンクワー」という品種だったんですが、あのときはタイのお国の種だから日本には合わないのだろうと思ったけど、それとはべつのところに原因があるのかもしれません。

そうだ、この場所が日陰だからかもしれん。タイのテンクワーもこの場所で栽培したんだし。
それなら、日当たりがよければ解決するのでしょうか。どうなんでしょうねえ。

こちらは日当たりのいいフェンスの真上で、ここでもキュウリを育ています。2リットルの小さいペットボトルではありますが。
日向にあるキュウリ(節なり)の株

けれどもやっぱり、実はずーっと変わらず小さいままなんだよなあ。
日向にあるキュウリ(節なり)の雌花

他に考えられる原因は、液肥がよろしくないといいますか、キュウリに合わないのかもしれないと思ったりしています。配合がまずいのかも。薄めるとか濃くするとか、まあそんなこともためしてみますかね。めんどくさいけど…。

でもでも、明るい兆しもみられるのです。
一つは、うどん粉病対策が成功していることです。

こちら、うどん粉病にかかったすうようの葉。点線内の白い点のところです。
四葉の多福の葉 うどん粉病にかかったらしい

この部分に、「重曹+オリーブオイルスプレー」というのを塗りつけました。

重曹+オリーブオイルスプレーは、本来はスプレーするものだそうですが、当ベランダはせまいので他の野菜に飛び散らないよう液をペットボトルに入れ、筆でぬりました。
重曹オリーブオイル液をペットボトルにいれ葉に筆でつける

液をぬった直後。葉の上がぬれてます。あたりまえかあ。
キュウリの葉に重曹オリーブオイル液をつけた直後

液をぬってから2日後。白いのが消えてます。
四葉の多福の葉 うどん粉病の白いのが消えている

「重曹オリーブオイルスプレー」の存在は、ミーママさんのブログ:まりちゃんのベランダ水耕栽培の記事を拝見して知りました。
下記の順でクリックするとたどりつけるかと思います。
--------------------------------------------------
まりちゃんのベランダ水耕栽培→ブログ記事「絹さやさんの収穫と撤収」→本文にリンクあり→マロウさんから教えていただいた「重曹オリーブオイルスプレー」→ブログ:ニャハハの家庭菜園ポタジェと水耕栽培ブログ記事:実えんどう収穫(うどんこ病対策付き)
-------------------------------------------------

もう一つの明るい兆し。

それは、すうようの上の方の花がね、今までになく大きくてりっぱなのが咲いてるんです。株元から1メートルくらい上の場所です。
元気そうな、四葉タイプの雌花。

こちらの節なりの花も、です。
元気そうな、なるなるの雌花。

もしかすると、この大きな花のところまでは、まだ株が充分に育っていなかったために実が成熟できなかったのかもしれません。
株の上の方になってようやく充実した株になり、実もできるようになるのかもしれない、と予想。期待してますぞ~!

とはいえ、キュウリの成長点は今、天井から吊り下げているエアコンの室外機に到達してしまいました。ときすでに遅しか。
成長点が180㎝を超えているキュウリ

狭いベランダゆえ脇芽を出させるわけにもいかず。
しょーがないから、株の根元の茎を下にとりつけ直す=つるおろし、でもしますかねえ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Category: 果菜類 - キュウリ
Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0) | PageTop↑

コメント

こんにちは~ともこさん

キュウリは栽培初期が肝心と、栽培の師匠から教えて貰いました!
葉が11枚になったら、5節目までの脇芽や雌花は全部落とすんですって!
初期に根を十分張らせないと以後の生育が悪くなるって。
そして日当たりと水やりが肝心だと。
水やりは水耕栽培だから問題はないですからね♪
私も今週中に種蒔きしますよ!
脇芽は育てて下に垂らすように栽培する予定です。

ミーママ | 2017.06.25(Sun) 15:48:19 | URL | EDIT

やはり、まだ株自体が成長していないから!?

ポチ、ポチ、っと!

kasugai90 | 2017.06.25(Sun) 23:26:19 | URL | EDIT

ミーママさんへ

ぜ、ぜ、全部落とすんでしたか!! もったいながってだいじに取っておいちゃーいかんのですね。
もう手遅れかもしれませんが、先ほど雌花をつみとりました。ついでにつるおろしも。

それにしても、根が張るのには時間がかかるもんなんですねえ。じっくり待つことにいたします。
おお、ミーママさんは「脇芽は育てて垂らすように栽培する」とのこと。どんなふうになさるんだろう。やったことがありません。とっても楽しみです。

ともこ | 2017.06.27(Tue) 16:31:41 | URL | EDIT

kasugai90さんへ

はい、そうなんでしょうねえ。
よそ様の畑を拝見していますと、下のほうでも上手に実をつけていらっしゃるので、いいなあって思います。
うーん、キュウリもなかなかにむずかしいです。
今、JAさんで買うと、一袋でかいのが5本入りで150円とか、とってもお安いですが。ハハハ。

ともこ | 2017.06.27(Tue) 16:37:40 | URL | EDIT

コメントを投稿する


トラックバック

PageTop↑

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して8年経過。
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・とも小話
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

QRコード

QRコード