園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

キュウリ苦手

2017.07.06.Thu
わがベランダのキュウリときたら、花はさけども、実は5㎝以上大きくならんのだ。
大きくならんキュウリの実

葉はうどん粉にまみれることなく、ウリハムシに襲われることもなく、どこまでも美しい緑色。
キュウリの株 葉は美しい緑色

水耕栽培の根は、輝くばかりに真っ白だというのに。
真っ白な水耕栽培のキュウリの根

なにゆえか実が大きくならんのじゃ。

そもそも、この春に栽培したタイのキュウリ(テンクワー)も同じ症状になり撤退した暗い過去がおます。
もしや、ベランダのキュウリ組合がストライキをおこしておるのではあるまいか。いったいどんな不満があるというのじゃ。給料か?待遇か?

実をならす作戦である「下から5節までの花も実もすべてとってしまう」もやってみましたのにさ。
お日様にもできるだけあてるよう、鉢の移動もしてやっとるっちゅーのに。
液肥は、めったに取り替えてやらんでもすくすく育っておるトマトとちがって、キュウリ様には新しい液肥を交換してやり、容器も洗って差し上げるというお姫様待遇にてお仕え申し上げておったのに、である。

「…実のひとつだになきぞ悲しき。」そんな句がありましたなあ。キュウリの話ではないけれど、じんわり身にしみております。

はいはい、キュウリおしまい。撤収。もうキュウリにはこんりんざい手をだしません。キッパリ!(←あ、一応現時点では。)

かわりに、つるありのインゲンを育てることにしましょ。せっかくネットも張ってあることだしさ。

こちら、インゲンの成平(なりひら)です。春に栽培したときは、当ベランダにしてはたくさん実をつけてくれましたんでな。
インゲンの成平

種まきは、6月29日でした。
夏にインゲンなんて大丈夫かあ?とも思いましたんですが、種袋によりますと、「高温下でも着莢性に極めて優れ、多収穫が期待できる。」とのことでしたので、ためしてみようかと。
インゲンは、春にアブラムシの猛攻撃でしたけど、今は蒸し暑さのせいですかめっり少なくなっておるのが救いです。
なーんか、茎がみょうにひょろひょろですけどね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

コメント

2017-07-06.Thu 23:06
キュウリの実が大きくならない。
原因は日照不足、それとも実が多過ぎだから!?

ポチ、ポチ、っと!
URL|kasugai90 #8EUMTJq.[ 編集]

kasugai90さんへ

2017-07-07.Fri 14:57
うーん原因ですが、そうですね、たしかに日照不足もありましたし、実も節ごとについてましたので多過ぎがかもしれません。
キュウリってば、たいそう無口なもんで何をどうすればいいもんやら。
余裕があったら、泣くまで待とうホトトギスとばかりに、おしまいにせず様子をみてみたかったです。
まあ種はまだ残ってますので、寒くなる前にもう一度トライしてみようかと。秋口のほうがベランダにお日様がよく入りますし。幸い、キュウリは今、JAさんの立派なのが5本で150円とか、お安いので助かってます。育ててる場合かしらね、みたいなお値段ですが。
URLともこ #vweRFA7.[ 編集]

コメントの投稿

トラックバック