園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

1月種まきのトマト:おしまいっ

1月20日に種まきした中玉トマト・Mr.浅野のけっさく。最後の2株をおしまいにしました。

こちらはスチロール箱で水耕栽培している株ですが、下の方には葉がとっくになくなってます。
Mr.浅野のけっさくの株

上の方もほとんどありませんのですわ。
Mr.浅野のけっさくの株。その上の方。

茎がだいぶ太いような気がしたので、はかってみましたらば、直径が1㎝8㎜。
Mr.浅野のけっさくの茎の太さ

これまで当ベランダで栽培したなかでは、けっこうな太さかもです。エアレーションもなしでよくまあこんなに育ったもんだ。
水耕栽培のトマトの茎

根の健康チェックもしておきましょうかね。
トマトの水耕栽培の根

薄茶色でした。液肥は一度も取り替えず、ひたすら追加するだけだったわりには痛んでないみたい。容器が大きいの幸いしたのかも。たしか10リットルくらい入ります。

もう一株のほうもチェック。こちらは、虫かごといいますか、飼育箱を栽培容器にしています。
トマトの水耕栽培の根
ふむふむ、にたようなもんですかね。

最後の収穫です。青いのもあるのでもう少し待ちたかったけど、ダニが発生してきているので急ぎました。
水耕栽培トマト。最後の収穫

一番大きなのがこちら。43グラムありました。これぞ中玉サイズじゃ。めったにこうはならんけど。
この日一番大きいトマト。


さて、これにてトマトは一件落着。あ~あ、夏も終わりですなあ…と思いきや、じつはちゃっかり第二弾の準備を進めております。

こちら、6月29日に種まきしたMr.浅野のけっさく。エアレーションあり(ホームハイポニカぷくぷく)の株。
6/29に種まきしたMr.浅野のけっさく(エアレーションあり)

他にもペットボトルにてお育て中。左は浅野さんで、右の2株はブラッディタイガーです。
6/29に種まきしたMr.浅野のけっさく

またまたトマトか、ではありますが、まだ種が残ってたのでもったいないから使い切ろう作戦ですのじゃ。

そうそう、このたびは栽培用の穴のあいた鉢(黒いやつ)を少し改造しています。
穴鉢の改造をして水耕栽培しているトマト

本来の穴鉢は丈がもっと長いのですが、とちゅうからハサミで切り離してしまいました。さすがに、そのままでは苗を入れたキッチンネットが落下してしまうので、ビニール紐を十文字にとりつけてネットの落下を押さえています。

なにゆえ改造かと申しますと、トマトは根がずいぶんと大きく張るみたいなので、穴鉢の穴では窮屈だろうと、かような仕掛けにしてみたというわけですが、どんなもんでしょうかねえ。うまくいくといいなあ。
うまくいきますれば、12月あたりには最初の収穫ができるんじゃあるまいかと予想。
冬なので、たくさんはとれんでしょうか、まあ、ほんのおつまみ程度でもと、もくろんでます♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| トマト | 21:10 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

さすがにこの暑さ。
トマトも、疲れちゃいますよね~

剪定した物を使って、秋トマトの苗を作っておくのですか?

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2017/07/28 23:12 | URL | ≫ EDIT

kasugai90さんへ

ほんにほんに、ぐったりする暑さです。
トマトは脇芽もありましたが、すべて廃棄しました。
そして、それとはべつに、新たに種まきして苗を作っています。脇芽から作った苗より丈夫で長持ちして株が大きくなるように思ったのですが、どうでしょうねえ。なんとか冬までに間に合えばと思っております。

| ともこ | 2017/07/30 14:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1434-2a391583

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT