園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ダイコンをいただく

このダイコン(西洋赤ダイコン)、たぶんお隣同士が近すぎなんだよなあ。(撮影:10/23)
10/23 隣同士近すぎる西洋赤ダイコン

そう思いながらも、なんとなく抜き取ることをせず日が過ぎておりました。

そして、ようやく右の細い方を1本収穫したのが1週間もあと。(10/31)
10/31 西洋赤ダイコンの初収穫
お初栽培のお初収穫です。小ぶりなダイコンになるそうですが、うちのはこれ、さらに小さいかもしれん。

スライスしてサラダにしてみましたぞ。
10/31 西洋赤ダイコンをサラダに
なんか、切り口が小カブ風ですね。ちょい辛。若々しい味。シャキシャキしてます。葉っぱはオクチの中でイガイガでした。そりゃあダイコンだもんなあ。ワハハ。

5日後。つづいて2本目を収穫。(11/5)
西洋赤ダイコンの2本目の収穫
おっ、ちょっと大きいかも。

うやうやしくお盆の上にのせてみましたよ。
西洋赤ダイコン 

おりしも、畑をやっている友人から同じ西洋赤ダイコンの種袋入りから収穫したブツを頂戴いたしました。その映像がありますゆえ、合わせてご覧くださいまし。(11/1)

畑育ちの「西洋赤ダイコン」。大きめでしょ。白いのは「おいばね」(現在当方のベランダでも栽培中。もうじき収穫予定。)
11/1 畑育ちの西洋赤ダイコン
さすが、畑出身は風格もちがいますなあ。葉もがっちりしてるって感じ。

なお、その畑出身のダイコンですが、辛みも格段に上物のようで、お刺身の付け合わせなどに向いていそうです。

さてと、西洋赤ダイコンは、残り2本となりました。さみしいのう。
残り2本の西洋赤ダイコン

それと、ダイコンはあと3種類(3鉢)。左から「春京赤長水ダイコン」、「おいばね」、「紅くるり」。
ダイコン(春京赤長水ダイコン、おいばね、紅くるり)

どれどれ、次なる収穫ターゲットは、紅くるりかなあ? 直径4センチくらいでしょうか。
紅くるりダイコン
太くて短くなるタイプなので、まだまだ大きくなるに違いないと期待してるんであります。

ところで、このお方。手にのせているからといって可愛がってるわけではございませんのじゃ。
ダイコンの葉を食べる幼虫

ダイコンの葉にとりついて日々お召し上がり。これからまだまだ丸々とおふとりになろうというところなんでしょうけれど、この後、即刻退場願いました。
虫が苦手な私ですが、珍しく素手に乗せている貴重な記念写真です。小さいし、ヨトウムシみたいに色柄がおぞましくないですし。でも、アゲハの幼虫は平気なんだよなあ、大きくても。どうしてだろう。ヘンなの~。

なお、ダイコンの種はいただいたお品です。
・西洋赤ダイコン、春京赤長水ダイコン、おいばね→ブログ「かなたの日記」のかなたさん。
・紅くるりダイコン→鳥取県岩美町のミーコさん。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| ダイコン | 10:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

モンシロチョウの幼虫。
気を付けないと、ダイコンやカブにいますよね~

葉に刺のダイコンの葉は、生食でなく熱と加えないと!

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2017/11/06 22:36 | URL | ≫ EDIT

kasugai90さんへ

幼虫ですが、最初はちっともみつけられませんでした。葉色と同じ緑色だったからで、葉をなぞるようにさわったら落っこちてきたのを見て、あっ幼虫だあと気がついたしだい。まったくもう、修行が足りませんなあ。

はい、ダイコンの葉は、おひたしとかにすべきでした。生のままだなんて、アオムシと競って食べようとしたのかもしれませんね。ワハハ



| ともこ | 2017/11/08 09:15 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1496-27fef6f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT