FC2ブログ

ダイコン2種(おいばね、紅くるり)の収穫

朝はいいお天気だったけど、午後はどんより曇り空にかわり、ぶるっと寒い寒い。ベランダにでるのがおっくうになりますなあ。
ま、でも思い切ってドアをあけましょう。空気の入れ換えはしなくちゃね。うー、寒い。

おや、ダイコンがふっくらしてきたみたい。どれどれ、抜いてみようじゃないの。

ミニダイコンの「おいばね」です。
ミニダイコンのおいばねを収穫
お初栽培です。どんなお味なんざましょ。

もう一本は、「紅くるり」。前回(11/24)につづいて2本目の収穫になります。
紅くるりダイコンの収穫

へっへっへ。いっぺんに2本も手に入れましたぜぃ。
おいばねと紅くるりの収穫

いつも思うんだけど、ダイコンて、洗うとピカピカになるんだねえ。
おいばねと紅くるりを洗う

スライスしました。添えてある葉っぱは、イタリアンパセリとディル。
おいばねと紅くるりをスライス


この2種類の葉っぱも、大きくなってきたので使ってみたかったんです。ディル(右)はたぶんお初収穫。
イタリアンパセリとディル

なんでもディルは魚料理などに供されることが多いのだとか。知らんかったなあ。見るのも食べるのも初めてなんですもん。
でも、ピクルスにも使われているそうなので、購入した瓶に入ってて気づかないまま食べているのかもしれません。
ふわっとした香りとちょっぴり苦いような味がしました。ふーん、こういうもんか。なんかよくわかりませんわ。あはは。

それにしても、この日の食事メニューは、収穫したダイコンサラダにポン酢をかけまわし、フランスパン(バケット)でいただくという和洋とりまぜ状態。あ、それにポークソテーとぬか漬けもおつけしました。なんともすごい取り合わせであります。
ダイコンのサラダをバケットでいただく

ま、何はともあれ、ダイコンが美味しい。白いダイコンの「おいばね」は甘みあり。ちょい辛かったけど、辛みの少ない「紅くるり」と一緒にいただくといい感じにほぐれてくれました。
残念なのは、焼いたバケット。ナイフで生地に入れる切れ目が毎度うまくいかないのだ。次、がんばろうぞ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1507-9d71dd88

Comment

kasugai90

ダイコンは、冬場の定番野菜ですよね~
健康にもいいので、できれば毎日食べたいです。

ポチ、ポチ、っと!

ともこ

はい、ダイコン様ですが、おかげさまで毎日いただいております。ご近所さんからの頂き物ですが。

収穫してみて気がついたんですが、ダイコンを抜いたあとの土がやわらかいのにびっくり。
葉物野菜などは根がいっぱいで、鉢の中からその根を集めるのが大変でしたが、ダイコンはさしたる根もなく、後片付けが簡単。
ほ~、ダイコンは健康にもいいのでしたか。優秀な野菜だなあと、あらためて思いました。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して11年経過。(本名:藤森知子)
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・所属する人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・絵と話でつづるブログ
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

月別アーカイブ