園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

さし芽トマト たま~に収穫

ひさしぶりにトマト(中玉・Mr.浅野のけっさく)を収穫しました。(撮影:12/15)
12/5 収穫したトマトのMr.浅野のけっさく

いっしょに、フェンネル(ニンジンと同じセリ科)の改良小型版であるスティッキオも一株。
12/5 収穫したトマト(Mr.浅野のけっさく)とスティッキオ

まとめてお皿にのせたら、巣ごもりトマトって感じになっちゃいました。
スティッキオとトマトの鳥の巣みたいな盛り合わせ
もうちょいと色っぽい盛り付けにすりゃあいいものを。あいにくそんなセンスがありませんのさ。

非常に甘みがありました。とっくに収穫してもいいような実だったようです。
そういえばこのところ出張が多くて慌ただしく、なーんかとってたのしむ感じじゃあなかったもんで。

ときに、このトマトの株は、そもそも1月に種まきした苗がスタートで、秋頃にそのわき芽をとり、水にさして根をださせ、その後エアレーションありの水耕栽培で育てています。といってもさしたる世話もせず、液肥を追加するくらいでおのずと育ってる感じです。

この日収穫したあとの株の姿。
わき芽のトマト苗をエアーありで水耕栽培中
下のほうの葉は、痛んですっかりなくなっちゃいました。

下の段の実は、まあまあ中玉らしい大きさになったみたい。
12/16 Mr.浅野のけっさく。下の段の実

その上の中段あたりの実は、まだ青いなあ。
エアー有り水耕栽培のトマト。中間あたりのまだ青い実。

上の方は、エアコンの室外機が吊してある場所になるので、その熱に触れないようにと横にはわせました。
横にはわせたトマトの株

先端あたりの花芽です。
先端あたりの花芽(トマト:Mr.浅野のけっさく)
特に受粉作業もしてないけど、まあなんとかなってるんでしょうねえ。

横にはわせている茎からは、わき芽がいくつかでているけど、取り除かずにそのまんま。なにしろ下の方には葉っぱがないので、このわき芽で光合成の代用をしてもらえないかなあと思ってるんですがどんなもんざんしょ。

ところで、下の段の実の収穫が終わったら、株の高さをぐぐーっと下に下げてしまおうともくろみ中。
Mr.浅野のけっさく 株姿を変える作戦

まあそこまで株がもてば、の話ですが。どんどん寒くなるけふこのごろですからなあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| トマト | 11:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

寒い日が続きますが、ベランダでならナ何とかトマトも育ちますよね~

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2017/12/16 23:03 | URL | ≫ EDIT

こんにちは~ともこさん

この時期にトマトが収穫出来るなんて素晴らしいですね(^^♪
私も来年は挑戦してみようと思います!
今年は食べ蒔きの「コロル」ですから。
フェンネルも良いですね、でもと~ちゃんが食べないから、来年はディルに挑戦してみますよ。

| ミーママ | 2017/12/17 13:04 | URL |

kasugai90さんへ

はい。ぎりぎりなんとか育ってるんだと思います。
調べてみましたら、前回の収穫(12/1)からこのたびまで2週間もたってました。ずいぶん時間がかかっているようです。
葉の色がだんだん赤みをおびてきているので、もうそんなには収穫できないのかもしれません。朝は程度やマイナス1度の日もあり、液肥が凍らないことを願うばかりです。

| ともこ | 2017/12/17 15:16 | URL | ≫ EDIT

ミーママ さんへ

トマトは、真夏にほとんど育たないうちのベランダなので、そのぶん冬に挽回してもらってるのかもしれません。
ミーママさんのところは温室もご用意なさって、コロルも大きくなってるんですね。いいですねえ、温室って。
夜も植物をそのまま置いておけそうですもんね。食べ蒔きとあらば、ますますお得だあ!

フェンネルは、香りで好みが分かれそうです。苦手ですと、不要の野菜でしょう。
ディルも匂いはあるけど、わりとソフトな感じがしました。
せっかくですもん、夫君さまにもたのしんでいただける野菜を育てるのが一番。育て甲斐がありますもんね。
ミーママさん、来年もいろんな野菜栽培計画が目白押し。たのしい大忙しになりそうですね。

| ともこ | 2017/12/17 15:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1512-d303cae8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT