FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

水耕栽培のふとっちょワケギ

まさか、ワケギの球根部分がこんなにピッチピチになってしまうとは。
編み目のついた栽培容器から、わが下腹のごとくぽっこり、はみだしておったのです。
ワケギの球根が編み目からはみだしておる。

まあたしかに、この容器にこれだけの数の球根を植えてあるのがイカンわけですが。
ワケギの全体像

こんなにも増殖するもんだったんですねえ、ワケギって。だって、日々葉っぱをつんで食べていたから球根はどんどん痩せていくだろうと思ってたんです、私。
もしかして収穫のとき、根際からごっそり刈り取らずに、青い葉のところだけを一株から1本ぐらいずつ折って使っていたので、球根の活力に余裕があったのかもしれません。

それにしても、どうしよう、このぽっこりさん。ギュウギュウで網の容器から取り出すのがむずかしそうだわ。
かといって、網の容器を破壊したら、容器がもったいない。かといって苗を引き抜いたら苗が折れそうな気もするし。
うーん、もう、こうなったらやるしかあるまい。

株を片手でがしっと全部握りしめ、ギリギリとねじるような引くような意識でじわじわ抜く作戦にでた。
すると、ほどなく抜けました。ほっ。
ぎゅう詰めの網の容器からようやくとりだしたワケギ
ハハハ、ひとまず成功ですな。
でもね、こんなのが全部で3鉢ありまして。残り2鉢分も全部、よいしょっとひっぱり、これまた成功。めでたしめでたし。

根元をざっとほぐして並べてみました。ワケギ一鉢分の球根です。
網の容器から取り出したワケギ

こんなにたくさんあったなんて。すんませんでしたねえ、きゅうくつで。

一粒がデカッ!
太ったワケギの球根

さて、今度は植え替えてやらにゃあ。
容器を探したら、じつにぴったりの鉢、発見。良い感じにおさまりました。
植え替えたワケギ(水耕栽培)

この鉢には側面にも穴が開けてあり、空気の通りがいいようにできているのです。
穴をあけた鉢と液肥をたたえた皿
容器中にはバーミキュライトを入れ、下のお皿には液肥を満たしました。

あ、この鉢は以前、ブログ「まりちゃんのベランダ水耕栽培」のミーママさんからいただいたものでした。ミーママさんはヤグラネギの苗をこれでお育てになり、その鉢ごといただいたのでした。容器の穴は、ハンダごてで開けてくださったようです。うん、これならワケギもうまく育ちそう~♪
そして、じつはこのワケギの球根も、ミーママさんから9月に頂戴しておるお品という…。じつにネギネギな関係ですな。

おっと、穴あきの鉢に収まらなかった分の球根は、ペットボトル容器にお引っ越し。
植え替えたワケギ
うっ、まだ窮屈そうだけど、あいてる容器がないのじゃ。がまんしてくれい。
ワケギって春まで収穫できると、今調べて知りました。おー、まだまだ楽しめそうです。

なお、ネギは、ほかにも育っておりまして。

こちらの2鉢あるヤグラネギは、さんざん収穫してきましたんですが、冬には休眠するタイプなんだそうで、そろそろ地上の葉っぱがなくなってきました。来春には新芽ができることでしょう。
そろそろ休眠するであろうヤグラネギ

タネから育てているネギが2種類。
左の2鉢は買ったタネのちゃんこネギ。右のは、鳥取県岩美町のミーコ様から頂いたタネです。種まきは、9月1日でした。
左の2株がちゃんこネギ。右がネギ。
ぼちぼち食べ頃かしらねえ。

いやあ、こちらさんもだいぶ窮屈そうだわ。植え替えが先でしょうな。

…てなわけで、時期をちがえてかわるがわる育つネギに助けられております。お腹もだけど、お財布もね。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| ネギ | 05:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ワケギ。
時々、刈り取って食べていかなくては・・・

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2017/12/19 23:15 | URL | ≫ EDIT

kasugai90さんへ

あ、やっぱりワケギは刈り取り収穫をしたほうがいいのでしたか。
もうね、なにかと「もったいない」が先にたち、ケチケチいただくのが身についておりまして。ハハハ
クリスマスには、思い切って豪勢にズバーッと刈り、湯豆腐にしようと思ってます。
あ、「豪勢」ってとこが、なんか自分でも笑ってしまいますが。

| ともこ | 2017/12/20 08:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1514-5c70b9fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT