FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

前編:色どりだけはXmasな赤色収穫

この時期、例年出張で家でゆっくりできないことが多いのですが、きょうは珍しく在宅ざます。
せっかくの休日ゆえ、張り切って朝からパン焼きにとりかかる。
ドイツのパン・シュトーレンの簡略バージョンだという「マリネ」っちゅうもんに挑戦じゃ。

シュトーレンは、なんでも「その昔、シュトーレンという名前の王様が貧しい人々にクリスマスにパンを味わってほしいと作らせたとか。」(出典『パン作り12か月』/七沢なおみ・谷上正幸著/文化出版局)

…とまあ能書きはともかく、このレシピ本と首っ引きで作業開始。

はい、できました! わりに早い仕上がりです。スタートから焼き上がりまで1時間30分くらい。
12/24 シュトーレンの簡単バーション「マリネ」が焼ける

ありゃま、お腹割れてますけどぉ。
いいの、いいの。腹筋鍛えるとお腹って割れるもんなんです。(なんだか意味不明)

さ、ベランダ行ってサラダ用の野菜、見繕ってこようじゃないの。

まずは、トマト(Mr.浅野のけっさく/さし芽の株)。エアレーション付きで栽培してるおかげか、わりと大きい実になってます。
水耕栽培(エアレーションあり)のさし芽トマト・Mr.浅野のけっさく

エアーなしの株(Mr.浅野のけっさく/脇芽の株)でも、そこそこ実はついてます。
脇芽のトマト(Mr.浅野のけっさく)の実

さらにこちら。折れてしまった枝を水に入れたら根がでちゃったというものも実がつき赤くなりました。
さし芽のトマト(Mr.浅野のけっさく)

そのうちの一個は、お顔がブツブツしたユニークタイプになっとります。
さし芽にできたトマトの実

この小さな2個も合わせて、トマト軍団勢揃い。
収穫したトマト(Mr.浅野のけっさく)

右端のは、2個がくっついたまま育った双子ちゃんでした。おもろいなあ。
双子のトマト(Mr.浅野のけっさく)

紅くるりダイコンも1本いただこう。残りあと一本。(タネは、鳥取県岩美町のミーコ様から頂戴いたしました。)
紅くるりダイコン

まだ小ぶりなのに、抜いちゃったなあ。祭り気分で気がせいたみたい。
収穫した紅くるりダイコン

さあて、赤いもんはもうこれくらいでおしまいでしょう、と思ったら、もう一個だけ小さい赤をみつけました。

四季なりイチゴ(品種は不明)の一粒。
12/24 四季なりイチゴ

よしっ、このあとは緑色のもんを集めよう。(次回の記事につづく)

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| トマト | 17:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1518-e5db2c3e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT