FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

冬にビート

ビート(品種名:デトロイトビート)は、これまでたしか去年とおととしの2回栽培しているので、こたびで3回目になります。他にダイコンも数種類育てたので、ビートは例年より小さめの鉢に植えています。種まきは、去年の8月31日でした。

2017年9月15日(種まきから15日後)。ちょろりちょろり、本葉が見えますなあ。
17年9/15 ビート

2017年10月2日(種まきから32日後)。両隣のダイコンと比べると、葉数が少なくてひょろ長ですわ。だいじょうぶかい。
17年10/2 ビート

2017年10月23日(種まきから53日後)。うーむ、1株、おなくなりになったようです。
17年10/23 ビート

なんかどうも思わしくありません。去年はけっこううまくいってたんだけどなあ…。

なんかねえ、すっかり気弱になり、その後はビートの鉢方面をあまり見ないようにしてました。

2017年12月24日(種まきから3ヶ月半。)おやあ、写真のすみあたりに葉っぱもじゃもじゃの物体あり。もしやあのひょろ長のビートかも。ビートだよねえ、うんまちがいない、ビート。いつのまにこんな。
17年12/24 ビート

ふふーん、もしかするとビートは、寒くならないと成長が進まないのかもしれませんなあ。
げんきんなもんで、それからはせっせと液肥をかけまくる、わたくし。

今年1月6日。ためしに、一本掘ってみる。こぶりだけど、たしかにビートではあるぞ。
1/6 初収穫のビート

残り3株もよろしく!
18年1/6 ビート初収穫後

洗ってビニール袋に入れましてチン♪ 皮は、指でこすったらするりとむけました。
1/6 初収穫のビート チンしたよ

そのままパクパク。甘いです。砂糖ほどではないけど、指先につけた粉砂糖をなめたくらいの甘さって感じ。
先日、新聞記事にあったのだが、ビートはピクルスにするとめっぽううまいという。よおし、もっとたくさん収穫したときにはぜひためしてみたいもんだ。
そういえば、ビートは生臭い味が苦手だと友人が言ってたっけ。今度ピクルスにしたときは試食してもらおうかしら。もしもおいしいと言ってもらえたら、より多くの人々にもうれしいレシピなわけで。
それにはまず、一瓶ぶんのビーツを収穫できてからの話ですけどね。(いつのこっちゃら…)

葉っぱもチン♪
1/6 初収穫のビート 葉をチンしました

茎は、ホウレンソウの根元のピンク色とお味がそっくり。
葉っぱは、生のときはぶあつくて、バッサバサでこんなの食べられるのかなあって感じですが、熱を加えるとふにゃ~。やわらかくなってしまうんですねえ。いくぶん歯にざらつく感じが残るのは、鉄分だろうか。

ビートは、血管のような葉脈にドキッとするし、赤紫の鮮やかな汁も強烈。こういう迫力のある野菜って、そういえばあんまりみかけないなあ。世界にはいろんな野菜があっておもしろいです。

ビートの種は、鳥取県岩美町のミーコ様からいただきました。今年も、ごちそうさまでーす!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| ビート | 20:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ビート、ホウレンソウと同じ科の仲間ですよね~
最近は、かなり糖度の高い品種もできているようです。
そうした物ならば、かなり甘いかも?

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2018/01/08 22:02 | URL | ≫ EDIT

kasugai90さんへ

ほ~、品種改良が行われてるんでしたか。そうそう甘さが持ち味。手がかからず丈夫な野菜みたいですので、そのうち、冬場に食べるポピュラーな野菜になるかも(?)しれませんね。
せっかくなので、私も色とりどりのビートを試してみようかと思ったりしてます。

| ともこ | 2018/01/09 11:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1530-5398cfeb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT