FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちょびっとおやつのイチゴ

吊り鉢に四季なりのイチゴ(品種不明)が植わってます。

右は種から育てた親株で、そのとなりにちょびっと葉っぱをだしているのが、こぼれ種からでた芽。
四季なりイチゴの株(土栽培)

この新芽はなかなか育たなくて、ようやくこの大きさになりました。ずいぶんと長くかかるもんなんですねえ。

おやつ発見! 親株に、小さい実ありなのだ。
四季なりにできた実
すっぱくてあまくておいしい。へへっ、なんかもうけた気分。お肌ピカピカになれそう。

四季なりのイチゴはもう1種類ありまして。苗から育てた、めちゃウマ(デルモンテ社)という品種です。
こちらはすべて水耕栽培。容器はザルだったりペットボトルだったりいろいろ。みなランナーからとった株。
四季なりイチゴのめちゃウマ(水耕栽培)

おもしろいなあと思うのは、これらの株はフェンスの近くにあって外からの風があたりやすい寒い場所にありまして、そのせいかどうか、葉の茎が短いのばかり。茎の長い葉もあったけど、霜枯れて朽ちてしまいました。

一方、室内側の壁にくっつくように置いてある株は葉の茎が長いんです。
四季なりイチゴのめちゃウマ(水耕栽培)

冷たい風が直接あたりにくいぶん、茎の長い葉が生き残っているのかもしれません。

さてその短い茎の葉っぱだらけになっている株に、実がついているんだなあ。寒いところにある株なのにさ。
四季なりイチゴのめちゃウマにできた実

実にできている種がまばらだから、充分とはいえない受粉なのでしょうけど。ま、それなりのイチゴの形はできつつあるみたい。
四季なりイチゴのめちゃウマにできた実
おやつ、たのしみ。小さな一個だけですが。

それにしてもこのあたり、来週早々に雪も降るらしい予報です。さすがに部屋に取り込まにゃあならんかもですわなあ。
水耕栽培のイチゴの冬越しは初体験です。

ちょっと、根を見てみよう。
四季なりイチゴのめちゃウマ 水耕栽培の根
もっと細かい根かと思ったけど、わりに太めでした。イチゴって、雑草に近いのかも?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| 四季なりイチゴ | 16:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

イチゴ、生ってきていますね~
我が家でも、生って欲しいです。

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2018/01/20 23:07 | URL | ≫ EDIT

kasugai90さんへ

ほかのイチゴの株はなんにも音沙汰なしですが一株だけ実ができました。
なんでも、冬に実をつけたら株が弱るから取ってしまうほうがいいという説もあるそうですが、そのままにしてみます。
春になったらちっとも花芽がでなくなったりして…失敗するかもですが。アハハ

| ともこ | 2018/01/22 17:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1538-b0f3edc7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT