園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チコリが芽吹くとき

チコリの「プンタレッラ」というもんです。(撮影:3/9)
チコリのプンタレッラ
近頃だいぶ葉っぱが育ってあっち向きこっち向き暴れだしました。しかも、栽培容器が背の高いペットボトルなので、風が吹くと倒れてしまうのでしょう。葉を束ねて紐で結わえてみたりしてますが、取れてしまうこともしばしば。

ふと、葉をめくってみたら、花芽ができていました。
チコリのプンタレッラに花芽ができておる

まだ小さいけど、大きくなるとこーんな感じになるんであります。

はい、こちら、去年収穫したプンタレッラ。中心部がごっついかたまりみたいになるのだな。
収穫したチコリのプンタレッラ

でも中身は空洞だから、軽いんです。
チコリのプンタレッラの茎は空洞

こんなふうに、今年もふっくら大きく育ってくれたらうれしいんですけどねえ。
プンタレッラの味ですが、ほろ苦で、ウドににているように思います。酢味噌和えにすると、見た目そっくり。シャキシャキしてるし。

ああ、たのしみじゃわい。でも、花芽ができつつあるのは先の株だけのようです。

他の株は、まだこんなふう。ただの葉っぱしかみあたらん。
チコリのパラロッサ 花芽がみえてない株
残りの株もぜひぜひ。期待してますぞう。

チコリは、もう1種類、「パラロッサ」という紫キャベツみたいになる品種です。
が、どうみてもただの緑とか茶色の草ですな、これ。
チコリのパラロッサ
お味は、意外にも苦みがすくなく旨味があり、爽やかな香りもします。

あれま、これ、2株一緒に植えてしまったのかと思ったら、横からわき芽ができたようです。
チコリのパラロッサにわき芽ができておる

チコリは多年草だそうですので、こうして株を大きくしていくのかもしれません。

とはいえ、翌年まで育て続けたことはないのです。花が咲いたあとは、葉が腐ってしまったり、しょぼしょぼで元気がなくなるから、夏頃には終わらせてしまってる。広ーい畑だったら、根だけになった植物もおいておけるのでしょうけれど。

そうそう、チコリって花がなかなかに美しいのだった。
2016年6月に咲いたプンタレッラの花。
2016年6月に咲いたチコリの花

天ぷらにしても、食べられそうな気がするんだが、やってみたことはないです。どんなもんでしょうねえ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| チコリ | 20:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

チコリの「プンタレッラ」の花芽。
これも、美味しうちに食べていきたいですよね~

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2018/03/09 22:33 | URL | ≫ EDIT

kasugai90 さんへ

kasugai90さん、ご心配いただいたことが大当たりです。
けさ、プンタレッラをのぞいてみたら、昨日よりぐっと背が伸びてました。
こりゃいかん、のんびりしちゃおれんわい。急いで収穫し、調理したしだい。
お教えいただいたおかげで、ぶじ食べ頃に間に合いました。ありがとうございます。

| ともこ | 2018/03/10 16:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1558-8df907c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT