FC2ブログ

チコリのプンタレッラ:最後の収穫

昨日、畑作業をしたあと、畑の周りを探索していた友人がツクシがはえているのを発見。摘んでお持ち帰りになり調理してもってきてくれたのが、こちらさん。

ツクシの油炒め、だそうな。
初めて食べたツクシ

私、見るのも食べるのもお初です。歯触りがなんともいえませんなあ。穂先はほわほわしていて、茎はサクッと。かすかに苦みがあるだろうか。お醤油味がぷーんと香ばしい。じつにおつな味にびっくりでした。

摘んでいるのをみていると、ツクシは伸びきっているのも集めていたし、穂先もなんとなくゴロゴロしていそうだから、筋張っていて苦いタイプに思えたんだけどなあ。意外や意外、食べてみるもんでございます。

さて本日(3/31)。ベランダ野菜もだいぶ育ったというか、育ちすぎてる風情のチコリの収穫作業に取りかかることにします。

ペットボトルで水耕栽培した、チコリのプンタレッラ。巨大なタンポポみたいですなあ。
チコリのプンタレッラ(水耕栽培)

取り出してみました。黒い穴あき鉢がぱっつんぱっつんになるほど根が混み合ってます。
チコリのプンタレッラ。穴あき鉢から取り出すところ
チコリは全身可食OKで、根も食べられるそうだけど、いやあちょっと…苦そうだし、遠慮しておこう。

外側の葉をはぎ取っていくと、タケノコ状の新芽あらわる。背高のっぽの株は、新芽も背高でした。
チコリのプンタレッラ 中心部分
この白いところが、格別に美味しいのである。ウドのイメージですな。

部位によって3種類に仕分けました。中心の白い部分(右)と、葉の根元近くの白いところ(左)、葉先の緑色(中央)。
チコリのプンタレッラを部位別に仕分ける

白いところはそのままサラダで美味しくいただけるのですが、緑の葉先がちょっとねえ、なまでいただくには苦みが走り過ぎているのだなあ。しかもこんなに大量。どうしたもんか。

そこで思い出しましたのが、昨日いただいた「ツクシの炒め物」の調理法であります。
あれはたしか「袴を取ったらさっとゆがき、油で炒めつつお醤油をたらす」とかいってましたっけねえ、と。
ならばこのチコリも、湯がいて油炒めしてみたらどうだろう。

ついでに、湯がくとき、湯の中にオリーブオイルを少したらして中華料理風にしてみようぞ。

はい、できあがり~。ど、どんなもんじゃろか。
チコリのプンタレッラ 緑色の葉の炒め物

筋張ってはいるけど、苦みはあるけど、水っぽくないです。うん、けっこうなおつまみ味になったかも。残る課題は、ややでっぱってる苦みだな。これが解決すれば、お客様にもお出しできる突き出しに昇格できるんじゃなかろうか。要研究ですな。

かくして、今期のチコリのプンタレッラは全部おしまいとなりました。めでたし。

あ、チコリはまだ別の種類が残ってございます。

パラロッサという、キャベツみたいなのが。
チコリのパラロッサ

あちらこちらに。
チコリのパラロッサ
とうぶん、苦み走った食卓がつづきそうですわ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ

関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1573-cc9fa75c

Comment

kasugai90

ツクシ。
まだ標高のある所に行くと、食べられる物が出ていますよね~
今度、鉱物採集のついでに採って来ようかな?

野のタンポポも葉を増やしてきたので、葉をサラダにできそうです。

ポチ、ポチ、っと!

ともこ

kasugai90さんは野山を歩かれるんでしたものね。
なるほど、標高が高ければ、山菜はこれからが本番ってわけですね。まだまだたのしめそうです。

わあ、野のタンポポの葉も食べられるとは知らなかったです。すごいな、春は食べ物がいっぱいだあ。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して11年経過。(本名:藤森知子)
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・所属する人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・絵と話でつづるブログ
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

月別アーカイブ