園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

のらぼう菜:5回目の収穫にておしまーい

のらぼう菜は、今が収穫のピークのようで、立て続けに折り取らないと花が咲きそうでした。

こちら昨日、14日の分です。
4/14 のらぼう菜の収穫

そしてきょう。
180415_norabou_0776.jpg

でもって、撤収。
180415_norabou_0775.jpg

いえね、まだ待っていたらいくらか収穫できそうなんだけど、茎がだんだん細くなってきており、細いうちからもう花が咲いてしまいそうなのです。
液肥を日に2回もやらねばならないほど乾いているところをみると、鉢の中は根が満員御礼なのでしょう。おそらくこのあたりが鉢栽培の限界であろうと思い、鋭意決断したっちゅうわけでして。

さて、このあとは鉢から株を取り出して周辺を片付けるわけですが、この作業に時間がかかりました。
まずは、アブラムシがだいぶ付着していたため、ベランダ床がアブラーまみれのテッカテカなのだな。
ブラシで床に水をまきつつ洗い流しましたですよ。ああよかったー、今日は雨模様で。ご近所さんに気兼ねなく(とはいえ、少しずつだけど)水を流せますもんね。
そのあとは、雑巾がけ。水がついままだと滑ってあぶないあぶない。
そして土。うちでは狭くて再利用の作業がしにくいので袋に入れ、マンションの土置き場に運びます。いずれ共有の花壇に使うことになるでしょう。
やれやれ終わったぜぃ。ゼイゼイゼイと息切れしてしまいました。あ、まだありました。着ていた服の洗濯もいたさねば。鉢をひっくり返したら土をかぶっちまったもんで。

ではいざ、のらぼうの最後の晩餐(昼食だけど)。かみしめていただくとしよう。
180415_norabou_0777.jpg
歯触りシャキッと、甘みあり、旨し。どうもどうもごちそうさまでした。

さてさて、ベランダはようやく春から夏の装い変わりました。

びふぉー:まだのらぼう全盛だった春。(4/8)
4/8 のらぼう菜が茂っていた頃

あふたー:掃除した床に移動させた、イチゴ、トマト、トウガラシ、ヤグラネギの苗などなど。
のらぼう菜の跡地には夏野菜がならぶ

今はまだベランダにお日様がはいりこんでますが、南向きなので日が高くなると、フェンス下付近にしか日が差さなくなることでしょう。それまでに、どうかすこしでも大きくなっておくれ~っ。とまあ願っておるしだいなのだ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| かき菜・菜花・のらぼう菜 | 15:26 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

菜花も、まだ採ろうと思えば採れそうですよね~
でも採種しないのなら、もう片付けですね!

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2018/04/15 20:16 | URL | ≫ EDIT

kasugai90さんへ

のらぼうの種とりもしたいものの、狭いベランダゆえ、株を長くおいておけなくてあきらめました。
そのかわり、種まきした次の野菜苗が大きくなってきているので、そちらでがんばってもらうことにします。
それにしても、廃棄する葉や茎がいっぱいで、最後に収穫したのらぼうがお皿一枚分だけって…。なんだかなあと、笑っちゃいます。

| ともこ | 2018/04/16 14:21 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1585-352d625a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT