園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

とっとと収穫とっとと撤収作戦のキュウリ

「キュウリは、うまくいったためしがない。早々にうどん粉病にやられるか、実ができても3㎝くらいで大きくなれずに終わるかするんである。それならば、1本でも収穫できればヨシとして、早々に栽培を切りあげようではないか。」
…というのが、今年のやけっぱち方針です。

よって、ネットを張らず、長めの支柱1本にくくりつけるだけにし、わき芽は取り去る所存。

それがこうなりました。ミニサイズの実がなるという「ドカナリ千成」。(種まき:3/29)
キュウリ:ドカナリ千成

最初の花芽がついたみたいです。
キュウリのドカナリ千成に花が咲く

たぶん、本来ならこの1節目にできた花芽は摘んでしまって、根が大きくなるのを促すという方法をとるんだろうけど、このままでいってみましょ。

キュウリは他にもありまして。実が普通サイズの「なるなる」です。「千成」の隣りにミニトマト(ピッコラカナリア)、そのとなりが「なるなる」という具合に並べてます。
キュウリの「ドカナリ千成」と「なるなる」

じつは、インゲンも同じく支柱1本だけに這わせてまして、トマトとトマトのあいだに置いてあります。ま、ようするに茂ったトマトとトマトのあいだを使ったすきま栽培ですな。
インゲンの支柱だけ栽培

こんなふうに、キュウリもインゲンのような感じで育っていけたらいいがなあともくろんでるんですが。

なお、キュウリ苗はまだ残りがあったので、ペットボトルに入れてフェンスに立てかけました。
ペットボトルによるキュウリの栽培

こちらも根元に花芽登場。あ、これも「千成」だわ。ほほう、千成って、育ちが早いのかもしれませんね。
ドカナリ千成の花芽

根ものぞいておこう。
ペットボトルによる水耕栽培のキュウリ「ドカナリ千成」の根
白いのが生えてる生えてる。よしっ。

今日は夕方から雨模様になりました。じっとり、しとしと。もうじきやってくるんだろうなあ、梅雨。
梅雨の佳境に入らないうちに、キュウリは短期決戦で収穫をおしまいにできたらめでたし。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| キュウリ | 20:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

キュウリ。
我が家でも作った事があるが、どうしても病虫害で・・・

最近は、作り易い品種が出て来ているので、再挑戦してみようかな?

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2018/05/07 22:36 | URL | ≫ EDIT

kasugai90さんへ

そうですか、kasugai90さんのところもキュウリは悩ましいのでしたか。
でも、作りやすい品種もできてるだなんて、朗報、朗報。
ウリハムシとうどん粉に強い鉄壁キュウリさんは、ぜひ家にもお越し願いとうございます。

| ともこ | 2018/05/09 19:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1598-e3df6e8e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT