園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

四季なりイチゴ:水耕栽培と土栽培

 イチゴ。それも四季なりだから、いつでも食べ放題。(そんなにとれるってかあ?)
しかもランナーが出ないから増えすぎて困らない。(またまた取らぬ狸の皮算用)
そんなところにひかれて「四季なりイチゴ」(サカタのタネ)の種購入。冬でも、机やテーブルに置いて、ちょっとつまめたら楽しいかも♪という妄想も働き液体肥料のハイポニカで、水耕栽培にしました。(種まき:08年9月20日)

可愛い本葉姿ですよん。
葉っぱのギザギザがぼんやりしてるものの、切れ込みがイチゴしてますぅ~♪
(撮影:08年10月16日)
その後約1ヶ月。(撮影:08年11月7日)
茎の色が赤くなりました。
ますますイチゴ。
にんまりしちゃうなあ。

 しかし、12月初め、、苗の葉っぱを何者かに食べられちまったり、傷んで消滅したものが出てきた。なんだか不穏な感じ。全滅したら悲しいので、土栽培と水耕栽培の二手に分けることにしました。(撮影:08.12.02)
水耕栽培組
鉢の周りの白いふわふわした物は、水切りネット。バーミキュライトごと包んでます。。こうしといたら、もしもの植え替え時に移動しやすいかなと思って。
それにぃ、フリルみたいで、可愛いかもぉ。
(似合わん台詞だったかしら)
土栽培組
土は、甘いイチゴをつくる土(花ごころ)を使用。
ポットの下は、荷造り用の穴あきパッキンで水キリさせ、空き容器のふたで受け止めようともくろんどります。

続いて、その後20日あまりのちのお姿が下記であります。/撮影:08.12.23
…あのぅ、アルミサッシの間の砂埃が気になる、てなことは、どうか見て見ぬふりをしてくださいませね。すぐにそのうちいつかきっと、気が向いたら掃除しときますから。
 
      左:水耕栽培                          右:土栽培
まあまあこれぐらいなら、たいした差はなかろうというもんですな。
しか~し、こちらをご覧あれ。  左:水耕栽培 右:土栽培 (撮影:09.01.14)
う~む、水耕栽培組の形勢が不利になってきています。
が、しかし、水耕組負けてません。実がついてるんですよ、実があ!! ほら、ほらあ!!
でも、「ちっちぇー」とかお思いでしょうな、たぶん。確かに小さい。
んで、お味ですか? こんな小規模なもんの味なんて、なんだかなあ…。ちびっと酸っぱ~い…かなあ。 

そして、こちらがごく最近、撮影09年2月13日のお姿。一段とおおきゅうなりまして。
株の大きさもさることながら、葉っぱの様子がみょうなんです!
水耕栽培の葉っぱの先が枯れちゃうー!
病気なんだろか?
早くも、老化してしまったのか?

それでも、けなげに実をつけてからに…。
一方こちら土栽培組
すくすくお育ちです。
堅くてころっとした実もつけ、元気はつらつ。
まぶしいっ。
「若いっちゅうのは、ええもんじゃのう。」
(すっかり、おじさん化してる)

 その後、水耕組の“葉先枯れ色症状”がいっそう進行してしまったので、水耕栽培は断念。、二鉢とも土に植え替えました。傷んだ葉っぱを取り除き、土の表面には水苔も配して泥はねを予防。これでなんとか、回復してくれるといいんですが。

【思うこと】-------------------------
水耕栽培といっても、上記の場合、液肥が循環してないら無理があったのかもしれません。せめて、バーミキュライトなどの入っていない、液肥のみの「ペットボトル栽培」にしたらよかったのかも。今度は、その方法もためしてみたいなあ。
 こんな風景を夢に描いてるんです。
「キッチンテーブルに置いた水耕栽培のイチゴをパクリとつまんで、新聞を読む」。
ワハハ~、これ一度やってみたいんだも~ん。(どこぞのコマーシャルの見過ぎですな、こりゃ。)

それにしても、イチゴの葉っぱは、さわるとカサカサって、乾いた感じのとってもいい音がします。
なんか風の音みたい
関連記事

| 四季なりイチゴ | 01:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ともこさん♪

>水耕栽培の葉っぱの先が枯れちゃうー!との
ともこさんの言葉と写真・・・。

あすかルビーの苗を頂きに参上したときに
イチゴ農家の方に聞いてきました。
すると・・・↓
葉のフチが茶色く枯れてしまうのは、肥料分が
キツすぎる状態・・・だそうです。

とりあえず、ご報告まで。

| か〜ちゃん | 2009/03/20 09:01 | URL |

それは朗報!

か~ちゃん♪

「肥料分がキツすぎる状態」との情報。なるほどー!! 
農家さんて、やっぱりすごいですねー。
速報で教えていただき、ありがとうございます、か~ちゃん。

…ということは、ですよ。液肥を薄めれば、私でもまだうまくいく可能性がありそうだってことかなあ。
うふふ。水耕でも、やってみたくなっちゃいます。土の激しくしげってるのが2株もあるのに…。
ひ、一株だけならいいかしら?
だって、水耕の方がおいしいかもしれないんですもん。
ひとかぶだけ、ね。ひとかぶ、ひとかぶ…

| ともこ | 2009/03/22 07:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/16-0ce140b5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT