園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トウガラシ(とナス)それぞれの巻き

3月の末に種まきしたトウガラシとナス。なかなか大きくならなかったのですが、ようやく本葉が数枚出そろってきました。長かった~。

トウガラシの「甘とう美人」。あーっ、アブラムシがうろちょろしてるっ。
トウガラシの甘とう美人の苗

ナスの「水ナス」。なんだかだいぶ貧弱だけど。
水ナスの苗

まあとにかく、根が鉢からはみ出していることだし、植え替えしますかね。

このたびも水耕栽培でまいろうと思います。まずは、栽培容器を用意しなくっちゃ。

穴あき鉢の底部分をハサミで切り取ってはずし、荷造りひもを十文字にとりつけました。鉢の底があると根が広がりにくいような気がして、トマトなど大株になるものはこうして底をはずしています。とはいえ、底がないと株がおっこちてしまうので、荷造りひもをとりつけました。黄色いひもは、液肥を吸い上げるためのガイド用で、ポリエステルのフェルトです。
穴あき鉢の底を切り取り、荷造りひもをとりつける

横から見るとこんな感じ。
穴あき鉢の底を切り取り、荷造りひもをとりつける(横面の図)

袋状のキッチンネットを切り開いて半分にし、鉢の底にしきました。あとは、培養土のバーミキュライトと苗をいれて終了。
穴あき鉢にキッチンネットをいれる

あ、液肥を入れる容器もいるんでした。といっても2リットルのペットボトルを加工したもので、もう何度も使いまわしたお古ですけどね。とうぶんはこれで育て、うまくいきそうならゴミ箱容器に植え替えようと思ってます。

あらま、枝葉がペットボトルのふちからはみだしてる。意外に大きくなってたんですねえ。黒いポットに入ってるときはもっと小さい感じがしたんだけどなあ。
ペットボトルによる水耕栽培の甘とう美人

水ナスもだ。なーんだ、それなりに育ってるんじゃん、と気がつくのでありました。
ペットボトルで水耕栽培する水ナス

ちなみに、これらの苗より2か月あまり前(1/19)に種まきしたパプリカのコロル(お初栽培:種は、ブログ「まりちゃんのベランダ水耕栽培」のミーママさんより頂戴のお品)は今、こんな感じでございます。
パプリカのコロル(水耕栽培)

なになに、背丈がちいさいですって? ええそうですとも。これでも葉数がふえたんでございますよ。葉の厚みもでてきましたしね。
諸君、これからですぞ、コロルどのの真価が発揮されるのは。
気温が上がればぐんぐんにょきにょき。(であろうと、期待しておるしだい。)  

なお、トウガラシ(甘とう美人)はもう一株、冬越しした長生きさんがあります。しかしながら、根がなかなか育たないのが悩ましくてですね、これは1月に撮影したものですが、今もにたような感じで、新しい根がはえてきませんのさ。
1/11 水耕栽培している甘とう美人の根
根をみますと、ガッチガチに固まってる。どうも詰まりをおこしているみたいだなあ。

そこで、ちと荒療治を施してみることにしました。
きゅうくつそうな穴あき鉢は取り去りました。そして、普通の鉢に穴をあけて空気のとおりをよくし、中にはバーミキュライトをたくさんいれて苗をおしこみました。
穴をあけた鉢に入れ替えた
液肥は下から補給。今はお皿だけど、バケツを調達したらバケツに鉢ごといれて液肥を多めに注いでみようと思います。

さらに、アブラムシまみれになっておったので、キッチンの流しで水道水をジャージャーかけまくり。だいぶ花芽が落ちたりしたけど、ずいぶんとさっぱりいたしました。

さっ、これでどうじゃな!
冬越しした甘とう美人の株

実もいくつかついていることだし、ますますのご長寿を願ってやみませんぞ。
実ができている冬越しした甘とう美人

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| トウガラシ | 21:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

今週は、暑い。
おかげで夏野菜の育ちもいいようです。

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2018/05/15 23:38 | URL | ≫ EDIT

ご無沙汰しております (^-^;

穴鉢の工夫、なるほど。研究熱心だわー。頭が下がります。
確かに、底部分は穴の面積が狭いので、勿体ないなぁ−と思っていたんです。

私も最近、マンネリ化した栽培方法やグッズなどを見直そうかと思って色々と試してはいるのですが、簡単で安くて良く育って、しかも撤収も楽…と目標を高く持ってしまったせいで、なかなかアイディアが浮かびませんわ(笑)

甘とう美人の「ステップアップ方式(?)」、良いですね!
短い根だと、水位が低いと乾燥しやすいですしねぇ。
今ウチ、ナス苗が根が短くて困ってるんですが、これを真似をさせていただきます♥

| Naomi | 2018/05/17 11:00 | URL |

kasugai90さんへ

いやほんに暑いですね。湿度もあるみたいでむしむししますし。
バジルがうちでは一番顕著で、ずっと小さな本葉が2枚でただけだったのに、急にもりもり葉がふくらんできました。
なお、キュウリには早くもうどん粉が発生。
くるべきものが来ましたようで。ジトジト季節到来、でしょうかね。

| ともこ | 2018/05/17 16:30 | URL | ≫ EDIT

Naomi さんへ

どうも~、ようこそいらっしゃいませませ。

いやもう穴鉢の底の件は、根がカチカチに固まるのを阻止すすべく、やむなくの作戦でして。
底を切り取るのはなんだかもったいない気もします。切り取った底部分はなにかに使えんもんかととっておいたりするのですが、いまだ見通しはなくお蔵入りしてます。

「簡単、安い、よく育つ、撤収がらく」になったらこの上なくうれしいです。Naomiさん、ぜひぜひその線で研究をお進めくださいませ。私もですが他の多くの水耕栽培をたのしみになさっている人々に、愛と勇気と現金が残りそうな朗報ですもん。ハハハ

Naomiさんのところのナス苗も短い根でしたか。うちのナスもです。
甘とう美人ですが、バーミキュライトだけでは、根がぐらぐらするのがちと難点のようで、ひもと支柱での支えがいるみたいです。うーん、うなくいくだろうか。ドキドキ♥

| ともこ | 2018/05/17 16:46 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1601-f788fd66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT