• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2010/05/05(Wed)

夏野菜計画

夏野菜の準備がなんだかんだですっかり遅くなってしまいました。そして本日の記事も5月連休までにアップするつもりが今にになってしまっております。古新聞になっちゃいました。すみません。

-*-*-*-*-*-

五月連休の始めになってようやく種買って苗買って準備にかかってます。間に合うんだろうか…。(撮影/10.4.25)

買った苗を植えかえ、鉢を並べようと思ったら、いつしかベランダに太陽がほとんどいなくなってしまっていたのでした。
鉢は、こんなふうに一列横隊って感じにしか置けそうにありません。
マンションのベランダが南向きだから、夏はフェンスのすぐ真下あたりまでしか日差しが入りません。人間には涼しくてありがたいが、夏野菜栽培を楽しむにはキビシイ泣き所、ううっ…。
にもかかわらず、新しい苗にはまたしても期待をいだいでしまうんですなあ。

まずはミニトマト。タキイ種苗の「ぺぺ」だそうで。
じつはこの品種が気に入ったとかいうわけじゃないのであります。近所の農協さんに野菜を買い行ったらば夏野菜苗をどーんと販売しておりまして、たくさんの人で賑わっていたのでした。
ミニトマトコーナーに行くと、去年私が栽培したサカタの「アイコ」はすでに売り切れて、その隣にたっぷり並んでいたのがこの「ぺぺ」。りっぱな売れ残り品種様。
でも農協さんの苗はとてもしっかりしているし、地元の方々がこの土地に合った品種をご用意くださるんだと思うので、たいがいの苗は丈夫なよい子なんじゃないかなあと期待しておるんであります。

それからシシトウはタキイ種苗の「甘とう美人」。去年の万願寺トウガラシがアブラムシの猛威にあって完敗したもんだから、今年はそのリベンジにと思いまして購入。展示されていた種袋にかかれている「特長」ってところに「万願寺とうがらしより低温着果性と肥大性にすぐれ、低温時期の栽培にも適す」とあり、「こりゃあでっかいトウガラシになりそうだ」と、私のうふうふ期待も肥大しっぱなし。
でもねえ、これじゃアブラムシ問題の解決にはちっともなっていない選択だったことに後で気づいた私でした。なーにやってんだか。

農協さんで立派な苗が買えたのはよいけれど、ミニトマトもシシトウも「3本で300円」ってのがちとつろうございます。1本でいいんだけどなあ。そこでまたしても近所の友人宅に各1本ずつご進物させていただきました。(Tさん毎度すみません。)
というわけで、ミニトマトもシシトウも2本ずつが手元に。うーん、これでもまだ多い。(いらんかえ~あともう1本!)

それから、種もあれこれ買いました。

レタス「リバーグリーン」(サカタのたね)-*-*-*-*-*-
袋に「全く新しいタイプのレタスで形は長めの半結球状になります。葉に光沢があり、肉厚で甘みがあり、大変おいしいです。サラダの他油炒めなどにもむきます。」とあり。

葉が柔らかいレタスは栽培したことがあるけど、今度はパリパリなのが食べてみたくて注文。半結球というのも、プラコップの水耕栽培に向いているかもしれないと思ったんですが、どうかなあ?

つるなしインゲンの「サクサク王子」(太田種苗)-*-*-*-*-*-
「王子」というネーミングにはなんともたまらんもんがありますが、食感が「サクサク」ってのに惹かれました。
しかしちょいと気になるのは、「他のインゲンよりも株が大きく長莢…」とありました。なんでもさやが16~19センチだそうな。これじゃあ株もそうとうでかそう。
しまった、こんなに大きくなる品種だとは…。どーすんだ、狭いベランダ。3粒もまいてしまってる!

「芳香あおしそ」(中原採種場)-*-*-*-*-*-
去年は他の種屋さんの種をまいたのだが、どうしたわけか生長がおもわしくないので、一昨年にうまくいったこちらの種でやってみようと思う。

「さんさん葱」(中原採種場)-*-*-*-*-*-
「耐暑性に優れ、病気に強く作りやすい夏まき専用種」とのこと。そうめんの薬味にしたいもんだというわけで購入。

最後に、ミニキュウリの「ラリーノ」(神田育種農場)-*-*-*-*-*-
昨年のタイ産ミニキュウリがとっても楽しかったので、ぜひ今年もミニで行こうと思ったしだい。一袋に10粒のみで525円なり。貴重な一粒ゆえ、こぼさんように注意集中してまきましたとも。大きてしっかりした双葉であるところをみると、りっぱな苗になりそうな予感。頼もしいなあ!

…というわけでして、遅れた夏野菜準備だったけど、この暑い連休でなんとか生長を進めてくれている模様。ありがたや~の太陽さまさまです。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村

関連記事
Home | Category : 種と発芽 |  コメントアイコン Comment6  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • ラインナップ、やっと発表になりましたか!

    お忙しそうだなー、夏野菜は無理なのかしら~と、心配しておりましたよ(笑)

    そうかー、南向きでもフェンスがあると奥は影になっちゃうのかぁ。ウチは西向きなので、強烈な日差しが全ての命を脅かす(笑)あ、アブラムシは別ですけど。
    だから緑のカーテンをせざるを得ないのですよー。結局ウチのベランダも、夏場は日陰でございます( ̄ω ̄)

    お互い、苦労が多いですねぇ(^_^;
    今夜は飲み明かしますか(笑)

  • 準備完了ですねっ!

    北海道の露地植は5月下旬が植時なので(それまでは寒いともいう)
    この時期スタートして、撤収は本州より早い(T▽T)アハハ!
    我が家はこれからスタートなので、一緒に頑張りましょう(*゜▽゜)ノ

  • いよいよですね・・・って、いつのことなんだ(笑)

    アイコは我が家にいますよん、やはり今年も外せませんでした
    そしてほかにも何種類か・・・植えるところを探しているところです

    で、こちらはラリーノの種が!
    私がほしかったやつ、いくらさがしてもありませんでしたっ(泣)
    どんなふうになるか楽しみです

  • asisutoさんへ

    そうでしたか、北海道の露地では5月下旬でしたとは。なんだかとってもホッといたしました。

    また撤収が早いとのこと。大忙しの短期決戦なんだなあと想像しております。
    ああ、でも北海道にも春がきてこれから待ちに待った栽培のお楽しみがお始まりになられたんですねえ♪

    asisuto さんちもご一緒との力強いお言葉。
    はーいっ、私も頑張りたいですっ!!(*゜▽゜)ノ

  • 葉っぱさんへ

    ほんとまさに「いつのことなんだ」でございますとも。(笑)

    > アイコは我が家にいますよん、やはり今年も外せませんでした

    葉っぱさんてのアイコは今年もご健在でしたねえ。しかもまだ他にもたくさんの苗さんたち…。生育くらべにお味くらべ、いろいろならべておためしできそう。
    いいなあ(^^)

    ん?「ラリーノの種」がおありにならないとのこと。
    えっと、売り切れとかになってしまったのかなあ。
    私は、太田のたね(http://www.otaseed.co.jp/)さんにて入手いたしました。
    まだあるといいんですが…。

    私は、葉っぱさんちの節なりキュウリにも注目いたしております。
    どっさりどっさりとれる!!! ことでしょう。うーん楽しみですっ!

  • Naomi さんへ

    どうも、ご心配をおかけいたしまして。あやうく冬野菜作りまで待つことになりそうでした。

    わがやのフェンスですが、半分が金属の格子になっているのでこちらはなんとか日光がはいらなくもないんですが、残り半分はコンクリートでできたフェンスというか塀みたいになっているので、こちら側がことに悲惨な状況になっておりますです。

    それにしましても、Naomiさんのところは西向きとのことでしたので、てっきり夏こそ最高の日差しでお楽しみだろうなあと思っておりました。
    しかし、「すべての命を脅かす」ほどの強烈さでしたとは。なるほど緑のカーテンは必須ですな、こりゃ。
    なんともはやお見舞いもうしあげます。

    「アブラムシは別です」ってのには苦笑いしちゃいました。
    うーむ、ヤツはどんな環境でもしぶとく生き残るんだなあ、ちっ(^_^;)

    …いやはや、なんともはやベランダ菜園の悲喜こもごもですなあ。
    ではでは一献傾けまして、ご一緒にぐびーーっといきましょ、ぐびっと。
    あ、でも第三のビールってやつですけどね。

Home Home | Top Top