園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

エダマメ:荒技栽培の結果

6月17日にエダマメを種まきした(当時の記事はこちら)わけだが、その後、みごとりっぱに徒長しまくりまして目も当てられない。(撮影:6/29)

6/29 徒長したエダマメ

双葉の下だけが徒長したのなら、土の中に隠してしまえるが、双葉より上がこうも長すぎては、隠蔽工作のほどこしようもない。
6/29 徒長したエダマメ

どーしたもんだか。スプラウトで食べるには時すでに遅し。かといってボツにするにはもったいなく。
そこで、むなしく長く伸びたところを切り落とす作戦にでた。双葉から下の茎を5㎝くらいを残し切り落とす。
さらに、双葉から上の長い茎もバッサリ。
つまり、双葉とその下の茎5センチくらいを残してみな成敗してしまったのである。

こんなかんじ。写真は根のほうを切ったところ。その後、図のように双葉の上も切り落としました。
双葉を残し、茎を切断したエダマメ。

いったいそんなもんをどうするのかって?
そのまま、ただ土の中に突っ込んでおしまい。ま、いわゆる「さし芽」でしょうか。こんな乱暴なさし芽モドキで根とか芽とかでてくれたらしめた!なんだけど、どうなりますかねえ。
なお、土に突っ込んだ双葉と茎ばかりのブツは、とくに日陰におくでもなく、水やりがわりに、容器の下に液肥を流し込んでおくことにしました。

【予想】
ア.芽も根もでない。しおれるばかりだから、あきらめて廃棄したほうがいい。
イ.芽はでないが、根はでる。そして、そのうち朽ち果てる。
ウ.芽はでるが、根はでない。そして、そのうち朽ち果てる。
エ.芽も根も出て、たいへんよろこばしい。
ウ.その他(突然変異の植物が現れる、とか。)

私の予想は、希望と期待をこめてエの「芽も根もでる」ですが、現実はアの「芽も根でない」でしょうな。

さて、結果やいかに。

11日後(7/10)。生きてました。
7/10 双葉を残して茎を切断したエダマメのその後

双葉と茎のあいだから、わき芽が2本できたようです。
7/10 双葉のあいだからわき芽が2本でる

こちらは、わき芽が1本だけかな。
7/10 双葉のあいだからわき芽が1本だけでる

まったく切断せず、徒長したままにしていた苗もありまして、それがこちら。
7/10 切断せず、徒長したままのエダマメ
双葉が消えちゃってる。本葉が縮れてるなあ。あまり生育がよろしくなさそうです。

てなわけで、おおむねそれなりにうまくいっているといっていいでしょうかね。

とはいえ、これが今後、実をつけるまでに育っていくのか、いかないのか。さらなる関門が待ち受けておるわけで、ま、乞うご期待しちゃいましょうかね。

なお、双葉から上や下を切り取る方法は、「胚軸切断栽培法」という名前がついているれっきとした(?)栽培法で、以前にも試したことがあります。正しくは、切り取った苗を水につけたり、きれいな培養土に入れるとか細かな気配りが必要だったような気がします。
このたびは、そんなお手間をだいぶサボったので、じつのところ成功する感じがしませんでした。
ま、乱雑だったけど、たまたまうまくいった、ということなのかもしれません。

ところで、こうして切断した苗はベランダでも栽培しますが、おおかたは近所の友人たちと借りている畑に持って行って植えてきました。(撮影:7/10)
畑に植えた胚軸切断栽培法を施したエダマメ

畑はベランダよりずっと陽当たり良好。とはいえ、このカンカン照りが続くお天気に、はたして耐えられるんでしょうか。
うまくいったらおなぐさみ~♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| エダマメとヒヨコ豆 | 16:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

我が家でも、徒長した枝豆の苗が・・・
このように切断して、脇芽を出させようかな?

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2018/07/11 22:49 | URL | ≫ EDIT

kasugai90 さんへ

ありゃま、kasugai90さんのところの枝豆も、でしたか。枝豆って徒長したがりなんですかねえ。
なにもしなくてもビシッとかっこよく育ってくれたらうれしいのですが、悩ましいです。
あ、切断したあとは、きれいな培地で清潔に扱うほうがいいんだろうなあ、とは思うのですが、めんどくさくてなかなか…

| ともこ | 2018/07/12 19:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1629-6671850f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT