園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

紅菜苔(コウサイタイ):一束の収穫

花芽を食べるというコウサイタイ。まだその花の芽は出ていないうちにとても大きな葉っぱになった。左端でもじゃもじゃしているのがソレ。(撮影/10.4.25)

それなのにこんな小さなプラコップで水耕栽培なんぞしておったら、さすがにもちこたえられず、風が吹くと横に倒れる始末。

これではならじと栽培容器を大きいのに移し替えようと思ったのだが、ふと「これってたしか葉も食べられるよなあ」と、葉っぱさんのブログはっぱの笑子らいふで拝見した撤収野菜のまかない料理の記事を思い出した。葉をお召し上がりになったという記事である。

よおーし、私も食べてみようっと。「なんせこの種は葉っぱさんから頂戴したものであるからして、頂いた私もぜひ食べてみるべきである…」、とかなんとかいいわけをして、まだ花芽も出ていないという幼い若葉状態にもかかわらずプラコップから全部ひっこぬいてしまったのだ。

なんとその量は、キッチンの洗い場いっぱいになるほど。(撮影/10.5.1)

ベランダにあるときはそんなにあるとも思わなかったのだが。スーパーで買ったりする野菜の一束分以上はゆうにあろう。こりゃあ私の野菜栽培歴始まって以来の大収穫だと小躍りする。
洗ってまな板の上に置いてみると、
40センチのまた板からはみ出るほどの背丈というか草丈。これを今から茹でて「お浸し」にしようというのだ。お浸しですよ、お浸し!

なんせ、未だかつて自分で作った野菜をお浸しになんかしたことがない。なぜって、少量しか収穫したことがなかったからもったいなくてできなかったのだ。
それが今、ぞんぶんに湯に浸せるほどの分量で横たわっているのだ。うっしっし。

あわれなるべし、「まな板の鯉」ならぬ「まな板のコウサイタイ」。




 ゆでると茎の紫色が抜けていくので、普通の葉物野菜とかわらない風である。小鉢にはいりきらず、中鉢に盛りつけて、もりもりいただきましたとも。

若い葉のせいかお味に苦みはなく、茎のつるつるとした歯触りがおもしろうございました。

ぞんぶんに食べたのち、翌日も頂きました。

食べ残すだなんて、なんとも贅沢なことでございます。

ところで、コウサイタイはこのプラコップ栽培のほかにペットボトルでも栽培しておりまして、こちらはいっそう生育よく今にも爆発しそうであります。(撮影/10.5.7)

手前の株からは花芽も顔をだしてます。


そこで、もっと広いところへ移し替えてやることにしました。マンションの空き地のはしっこで草ボウボウだったところをちょっぴり整地しお引っ越し。(撮影/10.5.16)


ここならのびのび広がって花芽を出してくれることでしょう。マンションの住人の人々にも召し上がっていただけるかもしれないし。

今度は花芽の方も、どーーーんと収穫したいもんであります♪

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| 紅菜苔(コウサイタイ) | 08:58 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これっていつの種まきでしたっけ?
それにしてもたくさん蒔きましたね(笑)
我が家でさえ4株でした・・・

時期がどうなのかわかりませんが、花芽はホントに甘くておいしいですよ、期待してください

葉っぱは美味しいというほどではないけれど、ほかのものに足して増量するような形で使えると思いました

でも、この時期なのに、とってもきれい!アブラーもはもぐりも見当たりませんね、どうして?

| 葉っぱ | 2010/05/20 10:47 | URL | ≫ EDIT

葉っぱさんへ:コウサイタイの種まき時期

種まきは、たぶん3月10日ごろだったと思います。発芽に失敗するかもしれないと思ってよくばってどばーっと蒔いたら、なんとみーんなきれいに発芽してくれたんです。
いやもうそのおかげで、葉も山盛り食べられましたので、たいへん満足しておりますです。
来年も栽培したら、きっとまたたくさん種まきしちゃうだろうなあ。
だって、すっごく大きく育って分量が倍増してくれそうだから頼もしいんですもん。わはは~

「花芽」。じつはもうお初ものをとっくにいただいておりまして。美味しいし、美しい花も食べられるのがうれしく、ほぼ毎日マンションの畑から数本つんできてはお味噌汁にぽいと投入湯。はいっ、もう毎朝お味も収穫も「期待」しちゃってます。

葉っぱさんのおおせのとおり、アブラ~やハモグリもいるにはいるんですが、この春はなんだかずいぶん少ないようです。原因はさっぱり見当がつきません。
あ、もしかしたら水を霧吹きでかけていたからかもしれません。アブラ~をみつけると霧吹きをして手でなぞり、洗い流すようにしてやってみています。
でも、そんなことであのキョーレツなアブラ~が退散するとは思えないですね、うんうん。

なんでかなあ。他の葉物野菜(マスタードなど)に春先はけっこういた虫たちも、今は激減。網もかけていないのに。なんとも不思議な現象です。
もしかして、虫にとってのお味がマズイのかしら?   

| ともこ | 2010/05/26 04:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/163-ba8c4377

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT