FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

留守の効用

ちょいと家を留守にしてました。出かける前、6月13日に種まきしたキュウリ2種類は、こんな感じでした。

左がミニキュウリの「ドカナリ千成(せんなり)」。右はイボイボになる「多福四葉(タフクスーヨー」)。(撮影:7/12)
7/12 キュウリのドカナリ千成と四葉多福。

家にもどり、ベランダはどうなっているやらとのぞいてみたら。

イボイボの多福四葉の葉っぱ、でかっ。(7/16)
四葉系のキュウリ「多福」

ミニのドカナリ千成は、茎がビヨンビヨーン。
ミニキュウリ「ドカナリ千成」

とり急ぎ、ペットボトルからゴミ箱容器に引っ越しさせましたが、これでもてぜまな感じがいたします。いつのまにこんなに。
そういえば、こうして引っ越しさせたときって、目の前にある同じ植物なのに、小さい容器から大きな容器に入れ替えた瞬間、思いのほか大きくなってると感じることがよくあります。大きな容器に入れたんだから、苗が小さく見えてもよさそうなもんなのにねえ。なんか不思議。

ミニのドカナリですが、よく見ると節と節のあいだがずいぶん詰まってます。
ミニキュウリの「ドカナリ千成」節のあいだが、とても狭い。

前回、3月29日に種まきしたときは、葉と葉のあいだがえらく間延びしてましたけどねえ。このたびは、気温は高いし、いいお天気続きだからなのでしょう。

そして、本日の朝の収穫。トマト(Mr.浅野のけっさく)とトウガラシ(甘とう美人)とシソ。
留守にしただけあって、いつになく多めです。
トマト・Mr.浅野のけっさくと、トウガラシの甘とう美人。

昼過ぎは、シソとバジル。ボールいっぱい。
シソとバジル
ありがたや、ありがたや。

毎日ベランダ野菜をながめているときは、さして生長していると思ってなかったけど、ちょいとあいだをおいたら、ぐぐっとデカくみえるもんですなあ。まとめてドーンの収穫も豪華でたのし、うれし。

ただし、液肥の消費が激しく、容器の底にわずかしか残っていないものもあって危機一髪でござんした。夏のお留守はヤバいです。
おかげさんで、キッチンでペットボトルに水を補給し、液肥をはかりとって注入。ベランダへ運び、おのおのの容器に追加、追加、追加。ああ、キッチン⇔ベランダ。何回往復したことか。
ときどき、自分にも冷蔵庫から冷茶&強炭酸水を胃袋へ、追加、追加、追加。

せめて、旅姿の服を脱いでから液肥の追加をやりゃあいいものを、汗だく、びっしょり。帽子もかぶったままだし。ほんと、なーにやってんだか。へへっ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| ナス | 20:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

連日の猛暑で、水耕栽培の水もすぐに無くなってしまいますよね~
家を空けられるのも、1日が限界!?

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2018/07/16 21:53 | URL | ≫ EDIT

kasugai90 さんへ

そうそう、留守できるのは1日くらいかと。予備のタンクを用意すれば、もう少し伸びるでしょうけれど、その装置を準備するのに1日かかりそうです。水耕栽培の大いなる弱点でしょうね。
とりあえず、ナスなどの大物野菜は大きめのスチロール箱に植え替えました。これでちょっと安心かなあ。


| ともこ | 2018/07/18 13:26 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1631-309b19c1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT