• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2010/05/26(Wed)

ミニキュウリ:すくすく生長

なんとまあ、ありがたいことにこのキュウリ「ラリーノ」(神田育種農場の種)もたいへんに元気者でありまして。種まきが遅くなって5月1日に蒔いたにもかかわらずすくすく生長中。(撮影/10.5.17)

こちらは水耕栽培です。キッチンのゴミ用ネットにヤシの実を小さく切ったもの(商品名:ベラボン)を培養土として入れ、ときどき液肥(商品名:ハイポニカ)を注ぐだけの楽チン簡単栽培。どうせこの鉢に植えるのだから土栽培にしてもよかったんですが、去年タイ産の種のミニキュウリを育てたときも水耕栽培ですこぶる調子がよかったので、今年もこの方法でやってみようと思ってます。

今のところまだ巻きつくヒゲが生えてないので、ネットは張らず、鉢をフェンスにひっかけて日がよくあたるようにしています。(撮影/10.5.21)


ところで、上の写真の葉の先っちょが、なんだか白っぽいような感じがしませんでしたでしょうか。私もなんだろうなあと思って近づいてみたら、

ぽつぽつとあるのは水のしずくでした。朝早く起きて見に行くと、ときどきこんなふうな姿が見られます。

キラリンと光る水の玉。

雨にあたったわけでもないのに不思議です。
早起きが楽しみになりました。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : キュウリ |  コメントアイコン Comment8  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • キレイっすねぇ~

    あら。ビーズで縁取りしたみたいで、可愛らしい!

    朝露なのかなー。
    植物のこういう表情に出会うと、
    ちょっとドキッv-238としちゃいますね (⌒ー⌒)

  • 根から吸い上げた水分が葉からの蒸散だけでは追いつかない時に、
    水滴として吐き出すもので、グッテーション(排水現象)と言います。
    夜間や早朝によくある現象で、雨が降ってもいないのに、里芋の
    大きな葉っぱに水がたまっている事が多いのも、グッテーションの
    水滴がたまったものです。

  • キラキラっ!

    朝の葉っぱってきれいですよね(*´∇`*)
    今年はキュウリの苗を仕入れてきました!
    育て方勉強させて頂きます♪

  • きれい~~~うっとり
    こうなるんですよね、キュウリって!

    何本あるんでしょ、キュウリ祭りができそうですね
    我が家は大、小各1本で頑張っておりますよ

  • お立ち寄りいただき うれしゅうぞんじます

    しかも、ステキな感動のお言葉まで…。ありがとうございます。

    そうでしたか、キュウリってこういうものだったんですねえ。
    いやあ初めてのことでびっっくりでした。
    液肥の消費が激しく、朝晩たっぷりいれとかないと葉っぱがうなだれてしまうようです。
    あの茎や葉っぱには、きっと水分がいーーーっぱい詰まってるだろうなあって思います。

    > 我が家は大、小各1本で頑張っておりますよ
    あれまあ、大もおありでしたか。そりゃあお楽しみですねえ。苗の育ち方とか大きさなんかもちがいがあるんだろうなあと想像してます。

    「キュウリ祭り」、なんていい響きなんでしょう。まな板と包丁をたたき鳴らし、祭ばやしの用意はとっくに完了。ほんに楽しみです。
    あとは、
    ご一緒に、めざせたっぷり収穫! なーんて、ねっ。 

  • asisuto さんへ

    asisuto さんもキュウリ苗をお育てとのこと。
    こりゃあ楽しみです。
    うん、いっぱいながめてたのしめるキュウリ組合ができそう。
    どんな苗かなあ、急ぎ拝見に伺いますね。

    そうそう「 朝の葉っぱ」、ほんにきれい(*´∇`*)です。
    早起きが楽しくなりますもん。
    asisutoさんちは北海道だから、きっと空気がつーーーんと澄んでそうな気がいたします。
    葉っぱもますますきれいでしょうねえ。
    あ、そうだ、北海道は梅雨もないんでしたよね。
    きっと病気にもならなくて元気な苗にお育ちにちがいない。

    キュウリどっさり食べましょうぜ~…なーんて気勢を上げてみたくなります。

  • hiro 様へ

    な~るほど、「グッテーション」というものでありましたか。
    なんだかアサリとかのぴゅーーーっていう元気な姿を思い出しちゃいました。

    hiro様のお話をうかがっていたら、植物の茎や葉の中を水が移動している様子が目に見えるような感じがしてとってもおもしろかったです。
    きっと、葉の先端にその排水口があるんでしょうかねえ。
    あの水滴はどんな味がするのかなあ。
    …そんなこんなのことを想像しては楽しんでおります。

    こんな楽しい知識をお教えいただきありがとうございます♪

  • Naomi さんへ

    「あら。ビーズで縁取り…」だなんて、Naomiさんは詩人さんですねえ。

    それにしても、植物を食欲の目でながめてしまう私でも、このビーズ姿にはさすがにちょっと文学したくなっちゃいます。野獣から詩人入門へのほんのひとときでした。

    今日なんか、もうさっそく雌花の数を数えて「うひゃひゃ5本だ、6本だ、いやもっとあるぞ」と野獣に逆戻りしてますわ。

Home Home | Top Top