FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

爆発ラディッシュ

いやー、忙しがってほっときましたらば、様々なラディッシュが創作されておりました。
こちら、そのラディッシュの「ビットリア」なんですが。(キッチン用水きりかごと桶の容器で水耕栽培。)
二十日ダイコンのビットリア水耕栽培

根元をのぞいてみると、こんなですわ。
二十日ダイコンのビットリア

丸い形はほとんどなく、長細多し。お肌も荒れてるもんが続出。

一鉢とりだしてみました。
二十日ダイコンのビットリア

思いっきり細長になっておるし、おとなりに、もう一株がちょこんとあったりなんかして。
二十日ダイコンのビットリア

まことにもう、いいかげんな栽培っぷりでありますなあ。栽培容器を、もっと高さのある深いものにしたらよかったのかもしれません。ビットリアは、ラディッシュの中でも大きく育つものだそうで、直径4~5センチまでいけるらしいです。

そういえばラディッシュって、ごく小さいものが多く、失敗するとほとんど食べるところがないシロモノになりがちだけど、このビットリアはわりと大きめだから、可食部分がそれなりにはありそうです。その点は、ありがたいかも。

まあとりあえず、収穫いたしましょう。
二十日ダイコンのビットリア

一見すると、ダイコン部分がゆがんでるだけのようですが。裏返すと、ぱっくり割れとりますのさ。
二十日ダイコンのビットリア

いいのいいの、スライスして使うんだもん。ほらね。
二十日ダイコンのビットリア

翌日も収穫してみましたら、同じく見事なぱっくりこ。
二十日ダイコンのビットリア

なお、ビットリアさんの名誉のためにご報告申し上げますが、ちゃんと栽培すれば美人のラディッシュになるはずなんであります。

こちら前回9月にペットボトルの水耕栽培で育てたときは、丸くはなかったけど、無傷でしたもん。
9月に栽培したときのラディッシュ「ビットリア」

よおーし、次回こそ、つるりと美しい姿にしてやろうじゃないの。今回使ったポリポットは、直径6センチ、高さが5.5センチのものでした。口径はこれでもいいけど、深さがね足りませんわなあ。調べてみましたらば深型のポリポットってものがあるらしいので、それをば見繕ってチャレンジであります。エイエイオーッ!
でもねえ、なんか、ポリポットって100個単位で売られているみたいで、こんなにたくさんありましてもねえ…。そこがなんとも悩ましところであります、はい。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| 二十日大根 | 19:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ラディシュ。
なかなか店で売っているような綺麗な丸い根には、ならないですよね~
我が家でも大き目のプランターで、適時に間引きをしないと上手くできないです。

ポチ、っと!

| kasugai90 | 2018/11/01 21:29 | URL | ≫ EDIT

こんばんは

忙しいのに色々栽培していて凄いです!
今回のラディッシュ割れてましたが、鉢を深くしして実の部分が土の中に埋まっているとわれないんですかね。
これからも記事楽しみにしています。

| 萩原秀之 | 2018/11/03 21:53 | URL | ≫ EDIT

kasugai90さんへ

「適時に間引き」がだいじなのでしたか。やっぱりちゃんとしたお世話がいるんですねえ。
それと、プランターも大きさがポイントってわけですね。
売り物のラディッシュって、すごいんだと改めて知りました。
うちのは、ずーっとほっといたわけで、葉っぱが元気なだけでもありがたいのだと思うことにしまーす。

| ともこ | 2018/11/05 15:38 | URL | ≫ EDIT

荻原さまへ:わー、お越し頂きありがとうございます!

おお、そういえば、「実の部分が埋まる」と「実割れしない」とは言い切れないかも、ですね。なにか別の要素があるのかもしれません。
まあ、土の部分を多くすると倒れにくくはなるでしょうけれど。これは、きちんと実験してみなくっちゃ、ですね。
苗を上から吊り下げてみようかしら、なーんて思ったりしております。

季節労働者なもんで、秋冬の今頃はばたばたしております。おかげさまで水耕栽培ゆえ、室内にいながらパジャマで種まき作業ができたりして、ありがたいです。ベランダにでるときは、一応上着を着ますが。ハハハ。

| ともこ | 2018/11/05 15:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1677-daa36ad4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT