園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キリタ・タミアナ:四季咲きだそうだが年何回咲く?

今年の3月に咲いたキリタはちょっとした見物だった。
キリタ:3月の花

6鉢がほぼ一斉に咲き、まだ寒いのに花畑のごとき賑やかさ。

一鉢だけだとこんな感じ。
キリタ:3月の一鉢


室内で栽培しているとはいえ、いまじぶんに開花するなんて、なんだか不思議。原産地はベトナム北部だそうだが、どんな気候のところなんだろうと思う。

やがて花が終わると葉っぱだけになった。次の開花までお休みするらしい。

その間に植えかえをすることにした。なにしろ、葉っぱが鉢からあふれそうなまでに茂ってしまったのだ。去年の9月頃に4号鉢にしたばかりだなのにもう5号鉢にしなくちゃならんほどに生長が早い。キリタの生長ってこんなもんなんだろうか?

鉢から苗を抜くと、まだら模様の土の色が露呈。
キリタ:鉢の中の土

この地層模様は、鉢を大きくしていくたびに家にあった余り物のパーライトやバーミキュライト、ヤシの実チップだのを適当に放り込んできたお粗末な鉢替えが原因。こんなにもおおざっぱな栽培でよくもまあ花が咲いてくれるもんだ。

そうして6月。またもや咲き出した。一鉢から10本あまりの花首をもたげている。
キリタ:6月の花

今は手元に残るこの3鉢のみ。

もっともよく咲いた鉢はこんなふう。
キリタ:6月の一鉢

こうしてみると、3月に咲いたときのほうが咲きっぷりがいいみたい。

キリタは、08年6月にサルマタさんからいただいた種。今月で2年目になる。種から一ヶ月で発芽し、50本ほどの苗が育ち、この2年の間にそのほとんどをもらっていただいたことになる。(すみません、関係各所の方々に押しつけておるかも…です。)

それにしても、この花は四季咲きだそうだが、はたして一年に何回咲くんだろう。今年はもうすでに2回咲いたことになるからあと2回は咲くのだろうか? そういえばちゃんと数えてみたことはなかったような…。
よしっ、今年はこれに注目してながめてみようと思う。


ところで、キリタはどこまで大株になるものなんだろう。植物はどんどん大きく育っていくものなのだとあらためて思い知る。
鉢、また買わにゃあならんぞ…。
ええいっ、なんべんも買うのは手間だし、いっそのことでっかいタライに植えてみたらどうじゃろか。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| キリタ・タミアナ | 20:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/172-435d2824

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT