FC2ブログ

チコリ祭り:プンタレッラの収穫

いいお天気花芽どきとみえて、またしても続々とわいてくる、チコリ。今度は、株の中央に密集する花芽がごちそうの「プンタレッラ」がおでましです。

葉っぱも広がりすぎてモジャモジャなプンタレッラ。ゴミ箱による水耕栽培です。
3/4 チコリのプンタレッラ(水耕栽培)

その根元付近に、とがった固まりの花芽ができているのであります。
チコリのプンタレッラ。花芽がぎっしり。

そして。じつはこの容器には、プンタレッラが3株と、パラロッソが1株も植わっているという欲張り密集っぷりでして。

容器をくるっと回すと、ほらね、赤紫のパラロッソがおるんですわ。
チコリのプンタレッラの株元には、パラロッサも植わってます。

さてと。チコリの花芽のところは短期間にどんどん育ってしまうらしいので、急ぎ収穫です。

ほいっ、けっこうな大きさになってました。
チコリのプンタレッラ。花芽の固まり。

そしてもう1本。こっちはやけに伸びすぎてしまってました。
チコリのプンタレッラ。長く伸びてしまった花芽。

あ、外側のゆさゆさしてる葉もすてません。いただきますぞ。(苦いけど…。小さく切ってキャベツの千切りに混ぜ込むべし。)
チコリのプンタレッラ。外側の葉も食べる。

でっかい花芽の固まりを分解しました。小さな芽の集合体なんだねえ。
チコリのプンタレッラ。花芽を分解する。

固まり一かけは、カニのハサミみたい。
チコリのプンタレッラ。花芽。

どれも割ると、中は空洞になってるようです。
チコリのプンタレッラ。なかは空洞。

では、調理。まずは、カニのハサミのほうではなく、長い1本の棒状のを千切りにして盛り付けました。そして、この前収穫した赤紫のチコリのパラロッサやレタスのハンサムグリーンも添えて。鮮やかになってよろしい。
が、しかし、この棒状プンタレッラは、手強かった。
チコリのプンタレッラとパラロッソのサラダ

強烈ではないけど、一度にたくさん食べるのは厳しいです。キャベツに混ぜていただくほうがいいかもだわ。
おそらく、とるのが遅くなったからとうがたって苦みが増したんですかねえ。

一方、カニのハサミ状の方は、そのままマヨネーズと味噌をつけていただいてみようと思うんだが。
生のママ丸かじりって、だ、だいじょうぶか、おいっ。
チコリのプンタレッラ。ミソマヨネーズでいただく。

こちらよろしい。OKざます。爽やかにカリリといただきました。ウドみたいだけど、ウドより柔らかで筋もなし。お酒のつまですな。
おそらく、天ぷらにしてもよろしいのでは。

てなことで、チコリは、まだあとプンタレッラが5株とパラロッサが3株、カステルフランコが1株あり。
当分、チコリまみれ祭りの日々が続きそう。おかげさまで、野菜はたくさん買わんでよろしいわけで。ホホホ。
お財布的にも喜ばしいですです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1722-cc8e249e

Comment

kasugai90

美味しいと、すぐに食べてしまう。
適度に苦くてあまり食べられない物は、酒のツマミに向いていますよね~

ポチ、ポチ、っと!

ともこ

ほ~、「適度に苦くてあまり食べられない」ところが酒のつまみに向くポイントってわけですね。
ではでは、だいじに、じわじわといただくことにしましょう。
つまみは少しずつだけど、お酒はガンガン進んじゃったりして、アハハ。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して11年経過。(本名:藤森知子)
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・所属する人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・絵と話でつづるブログ
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

月別アーカイブ