FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トウガラシ:「甘とう美人」の食べ頃はいかに

こちらは苗で購入。辛くない味のシシトウだそうな。ごく普通のシシトウのつもりで小柄な苗姿をイメージしていたのだが、とーんでもなかった。

鉢の地面から70センチほどにもなり、風が吹くと大きく揺れ動いている。

あれこれ日がたち、とっくに花なんか咲いちまって、


実もなってくれた。


しかし、これが難問。いったいどれぐらいの大きさになったら食べられるんだろうか、と思い悩む。小さくたってべつに支障はないのだろうが、夢は大きく果てしなく限界ぎりぎりのでっかいシシトウを食べてみたいと思うのが人情ってもんでしょう。
この種を販売しているタキイ種苗に「果長15センチ」という記述があったから、これが一応の目安にはなろうが、うちの甘とう美人がそれほどまでに大きくなるとは思えんし…。

そこで一計を案じる。
まず最初にできた一番でかい実の行く末を見守ることにするのだ。日々長さを測定し、これ以上大きくならないと思えたら試食。その味が適当でなかったら、これを目安に次の実の収穫時期を検討すればよいではないか…、と思うのだがいかがなものだろう。


ちなみに本日の果長は11センチ。きのうは10センチだったから、1日で1センチほど大きくなっていく勘定だ。ということは…、とまあ取らぬ狸の皮算用。

シシトウトウガラシってどうこがどうちがう?】---------------------
JAで苗を購入したときは「シシトウ」のコーナーに売っていた甘とう美人。一方、タキイ種苗さんのサイトには「トウガラシ 甘とう美人」と記述してあったので、どちらで呼ぶべきなのかなあと気になってしまいました。
植物学的には同じ科だろうと思うんだけど、もうすこし「こう考えてみたら呼び名がわかりやすいかも」くらいのイメージがほしいなあと検索しておりましたらば、こちらのサイトにおもしろい記述がありましたのでご紹介いたします。

ホームページ:素人園芸解説-私はこう育てる

シシトウ/ピーマンのページ

上記の楽しいお話を拝見し、おおざっぱですがこんなふうに分類してみるといいのかなあと思って表にしてみました。
それがこちらです。
>
●辛味種
トウガラシ  
●甘味種
(ピーマン)
果実が小さい
(小果種)
シシトウ
(伏見甘長トウガラシ、
万願寺トウガラシなど)
果実が中くらい
(中果種)
(エース、
京ゆたか、
翠玉二号など)
果実が中くらい
(中果種)
(カリフォルニア・ワンダー
ワンダーベルなど)
その他 (バナナピーマン、
セニョリータ)

つまり、「ピーマンの小さいのがシシトウで、その一つに甘とう美人がある」ってことかなあと、ようやくたどりついたしだいです。ああ、さっぱり。とっても助かりました。ありがとうございます、素人演芸…じゃあなかった、素人園芸解説様。

訂正:昨日は間違えて「演芸」と書いてしまいました。すみません。本日訂正してお詫び申しあげます。
なお、人知れずお教えくださったS様ありがとうございます。(2010.6.15 ともこより)

【追記】-----------------------------------------------------**
同じものでも、呼び方がちがうことがあるなあ、てなことを考えていたら、ずーっと前にテレビで、夢路いとし・喜味こいしさんの漫才にこんなお話があったのを思い出しました。
「死体」と「遺体」はどうちがうのかという話になって、
「警察の捜査では死体や。葬式のときは遺体やな。」

…私、とても感心して聞いておりましたです。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| トウガラシ類 | 21:32 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

甘とう美人、万願寺とうがらしと併せてVegeLogでは毎年のように栽培してましたよー
甘とう美人は万願寺とうがらしの交配種で、しかも先が尖ってますよね~
なので私的には何も考えずに唐辛子と理解しています。
ししとうって、あの凹んだ先が獅子頭みたい、というのがネーミングの由来なんですよね。
辛くないだけでシシトウって、売りたいがための適当な商品名をつける業界の姿勢が云々…と憤慨した記事を以前書いたことがあります(苦笑)

ちなみに、理想の収穫サイズはコレくらいですよー
http://www.vegelog.com/archives/330

| Talos | 2010/06/14 22:45 | URL | ≫ EDIT

私が思うに

ご訪問&コメントありがとうございます(*^▽^*)/
トウガラシとシシトウとピーマン?
形的にはシシトウとピーマンが同属のような(^^;)

| akarimama | 2010/06/15 11:28 | URL | ≫ EDIT

akarimamaさんへ

シシトウとピーマン、私もakarimamaさんのおみたてと同じように思えますです。
見た目、太いか細いかってぐらいの感じですもんね。

そういえば、ピーマンを食べるのが嫌いな人は、シシトウも嫌いなんでしょうかねえ。
また、ブロッコリーをお好きな方はカリフラワーもお好きなんだろうかとか、味のことを考えちゃうと、似たような野菜でもずいぶんとちがっているようにも思えます。

もしも野菜をみかけだけで分類してみたら、なにかまたちがったおもしろいことが見つかるかも?
ま、なにはともあれ、食べておいしい野菜、がなんてったってうれしいです♪

| ともこ | 2010/06/16 21:10 | URL | ≫ EDIT

Talos 様:とうがらし党に投票いたします

な~るほど「先が尖っている」ってところがポイントでしたか。
しかも「獅子頭」でししとう。辛くないからししとうとは…。
ほんになんともいえんネーミング…。混乱しちゃうのも無理なかったんですね。
Talos さんのおっしゃるように「とうがらし」で分類したほうがうんとすっきりしました。
うん、私も「とうがらし」派でまいります! 

それにしても、野菜の名前の由来を調べたらおもしろいといいますか何か社会を見通せることがあるかもしれないんだなあと知りました。
じつにカクチョー高いおべんきょうをしちゃったようで、おもしろかったです。
ありがとうございま~す♪

そうそう、Talosさんちは、 甘とう美人、万願寺とうがらしをお育てでしたね。それを拝見していいなあって思いまして、私も去年は万願寺とうがらしをまねしてやってみましたもの。で、今年は甘とうの方を実施。
これ、いいですねえ。万願寺より収量アップしそうな予感ですもん。

「理想の収穫サイズ」を拝見しに伺ったら、いやあスゴイッ!
こんなにもでっかくなものだったとは。
うちの甘とうによく言い聞かせておきます。

| ともこ | 2010/06/17 09:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/173-65c16e2b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT