園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミニキュウリ「ラリーノ」:実はどこに

かなりうっそうとしてきたミニキュウリの繁み。

うれしいことに昨日、お初の一本すでに試食ずみ(←こちらに写真あり)なのだが、この一本を見つけるのにはすこしばかり手間取った。
鉢の裏側とコンクリートフェンスとの間のちょっとした隙間にできていたのだから。

ベランダの床にお尻がくっつき、なりくちの茎をぐいんと上に押し上げて育っていた。

さて、そのミニキュウリを半分にわってみたところ、

種がなんだかこぶりな感じ。このラリーノキュウリは雄花がぜんぜん咲かないのだが、そんなことと種の大きさとは何か関係があるのだろうか…。

ま、ともあれ、お初ものをじつに美味しくかじったのち、さて次はどのあたりにキュウリができておるかなあとまた繁みを探したら、あったあった下の方のかげに3本も。

だが、こりゃあまだちと小ぶりのようだ。しかたがない、もう少し待つことにしよう。

翌日。手にとってみたら、なんだかえらくでかくなったような…。

身体測定の結果、身長は11と10.8と10センチぐらい。体重75と56と52グラムあり。
タネ袋には「果長9~10センチ、果重40グラム前後…がベスト」とある。
あれま、一晩でもう太りすぎのメタボキュウリですかい。
このキュウリ、夕べいったい何を食べたのやら。夜食は恐いってことでしょうかねえ。

ところで、このミニキュウリ「ラリーノ」。種まきしたのが5月1日だから約1ヶ月半で収穫できたことになる。なんて早い生長っぷり。こりゃあうれしい早熟野菜ではないか。
そこでじつにうまいことを思いついた。
「このぶんでは今年もう一回種まきできるにそういない。今まけば9月にはまたもやこのミニキュウリが食べられる」と。
そこで、さっそく2回目の種まき。
ミニキュウリ「ラリーノ」2回目の種まき
もう6月も半ばすぎているというのに。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| キュウリ | 21:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/175-2ef8c285

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT