FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トウガラシ類:アンバランスな株姿と実と根

なんですかねえ、今年はやけに身長が小ぶりに育っている「甘とう美人」と「パプリカ」です。

で、その小ぶりな「甘とう美人」。ごみ箱によるエアレーション無しの水耕栽培。(撮影:6/1)
6/1 甘とう美人の株

初収穫は5月20日でした。種まきは12月30日だったので、約6か月後になりますかね。

それからちょいちょいとれて、もっともよくとれたのが6月9日。片手に余る分量でした。小ぶりですが。
6/9 収穫した甘とう美人

いやはやなんとも珍しいことで。甘とう美人は毎年のように育てており、実の数少なく、無駄に背が高くなるのがつねだったんですがねえ。(過去の株姿はこちらの記事をご覧下されたし。)

さて、かように実のなる小さな株姿の根というのは、いったいどんなふうになっておるんでしょう。たくさんはえているのか、そうでもないのか。はて?

ちょっと日付をさかのぼり、上記のたくさん収穫できたときも約20日前はこんなでした。5月20日撮影。(培養土:あく抜きベラボン)
5/20 甘とう美人の水耕栽培の根
やっと穴鉢から根がでてきたくらいです。

そして、大量収穫した日(6/9)から8日後の本日・6月17日。
6/17 甘とう美人の水耕栽培の根

まあ、いくらかは伸びてきてるけど、もっさりとまではいきませんなあ。
それにしても、よくまあこんな短い根で実をつけましたことで。

そして今。あれから、ぴたっと収穫は止まりました。小さいのが3個ついてるくらいで、花はまったくみあたらず。(撮影:6/17)
6/17 甘とう美人の株姿。

長期休暇にはいられたのかもしれません。(このままずーっと休暇中、でないことを祈りますぞ。)


ところで、同じく12月30日に種まきしたパプリカも2株育てておりまして、これまた小さくてですねえ。(6/16)
6/16 パプリカ2株。ペットボトルによる水耕栽培。

ですが、ぷらぷらと実をつけてます。(6/16)
6/16 パプリカの実

根は、ちょびっとさん。(6/16)
6/17 パプリカの水耕栽培の根

もう一つの株のほうも、実はつけつつ、
6/16 パプリカの実

根は少量。(培養土:バーミキュライト)
6/17 パプリカの水耕栽培の根

さてと。
これがピーマンなら、とっとと収穫してしまって根が育つのを待つといいのかなあと思うのですが、パプリカなので、どんな色になるもんだかもう少し待ってみたい気もするし。(種は頂き物で、品種は不明。)
うーん、やっぱ、パプリカ、食べますか。青いけど、ブツブツブツ…

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| トウガラシ類 | 16:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

トウガラシ類。
あまりたくさん採れても、食べ切れないですよね~
それに、株も弱る。
蕾のうちに、間引いておきますか?

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2019/06/17 23:05 | URL | ≫ EDIT

kasugai90さんへ

はい、間引くのがやっぱり正解ですよね。
そうそう、栽培容器が2リットル程度の小さいペットボトルなので、苗の背丈が伸びすぎたり、実ができるとかなりぐらつきます。風が吹くと、しばしば横倒しになったりしてますし。
実をとって容器もとりかえてすっきりさせることにいたします。

| ともこ | 2019/06/18 17:06 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1767-bd75008c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT