FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バジルの大きな葉の使い方

「大きいことはいいことだ~♪ 」。そんなCMソングが昔あったような気がしますなあ。

バジルにもいろんな種類があるようですが、当ベランダでは葉が大きくなるタイプのを育てております。

まだ本葉が何枚かでてきたばかりの「ボロッソナポリターノ」です。(撮影/7/3)
バジルのボロッソナポリターノ。

葉も大きいのですが、茎も太くがっしりして丈夫。けっこう長く栽培できるのがありがたいのです。
バジルのボロッソナポリターノ。葉が大きい。

脇芽を伸ばしたいので、2段くらいの節をつけたまま、茎ごと切り取りました。水にさして食卓へ。
水にさして、食卓へ。

この日作ったピザに、重ねるか包むような感じでいただく。
葉をちぎってピザと重ねていただく。

じつはこれまで、ピザやパスタのときのバジルやシソは上に飾るものとばかり思い込んでたもんで、お皿のふちしか見えないありさまだったのです。(撮影/2016年6月29日)
2016年のバジルとシソ

それからみれば、このたびのちぎって包む食べ方はたいした進歩ですわ。これからはぜひ、そのせんでまいろうと存じます。

そうそう、大きいといえば、この梅。ご近所散歩の道すがら、道路に落ちていたのを拾い、24時間凍らせました。(7/3)
ご近所を散歩してひろった梅。凍らせた。

日々、数粒拾っては冷凍庫へ放り込んでいると、数が少なくても粒が大きいから、けっこうな重さになりました。

右端のホウロウの容器に入れ、砂糖をプラスして梅ジュースを作成しようってわけですな。(7/8)
拾った梅と買った梅で梅ジュース作成中。頂いたラッキョウも漬ける。

なお、ラッキョウは、鳥取県岩美町のミーコ様(当ブログ記事で「紅くるりダイコン」や「ビート」の魅力をお教えくださった方)よりのお品です。
ミーコ様は、御地で育ったラッキョウを切るお仕事をなさっておいでで、スパッときれいに切り上げたラッキョウの塩漬けまで済ませ、お送りくださいました。私は、水で洗って塩抜きし、お湯に10秒漬けただけ。あとは一緒に送っていただいたお酢とラッキョウをビンに入れ、待つのみ。1か月後くらいから食べられるそうです。らくち~ん♪
梅ジュースは、漬けてから7日~10日もすれば0K。すでに炭酸割して飲み始めとります。

おや、もうじき海の日だそうで。梅雨明けも近いのでしょうか。お日様ピカピカはうれしいけれど、ベランダの熱風地獄と液肥やり奴隷の日々がオソロシイ…。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| シソとバジルとパセリ | 15:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

バジル、近所でも大きく育っていたなぁ~
我が家でも、以前はラッキョウを漬けていました。
でも面倒なので、もうやっていません。

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2019/07/10 23:27 | URL | ≫ EDIT

kasugai90さんへ

バジルは、kasugai90さんのご近所さんでもお育てになっていらっしゃるのですね。シソほどにはお使いになるお宅がないかも、と思ったりしております。
ラッキョウは、下ごしらえが大変のようですもん。食べるのはあっという間です。ハハハ
桃屋の花ラッキョウとか買ってきたら、もっと楽チーン、ではありますね。

| ともこ | 2019/07/11 16:20 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1777-5177460d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT