FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

水耕栽培のトマト:ごみ箱容器の活躍

いいお天気ってどんなだったか思い出せないくらい、ひたすら曇りと雨降りつづきなのに、それでもトマトが赤くなるなんて。ありがたいことです。

7月4日。3種類のミニ3株(全部ごみ箱)と1種類の中玉3株(スチロール箱1、エアレーション付きの大きな容器1、ごみ箱1)です。
7/4 収穫したトマト

7月7日。尻ぐされが一部まじってました。皮が痛んでる程度なので食べますですよ。
7/7 収穫したトマト

7月9日。どっとふえとる。
7/9 収穫したトマト

7月11日。下の方の中玉「Mr.浅野のけっさく」をご覧下されたし。中央のハサミより左がごみ箱容器育ちで、右がエアレーションありとスチロール箱育ちです。
7/11 収穫したトマト

ごみ箱容器育ちが、どうもじわじわ増えてきているみたい。1株だけなのに。

粒の大きさを比べてみました。この日収穫したそれぞれの株で、一番大きな粒を並べてみたら、ごみ箱育ちのほうが一回り大きい感じ。
ごみ箱育ちとスチロール箱育ちのトマトの実

ごみ箱は百均屋さんのお品なんですが、やるもんですねえ。しかも、両隣に他の苗が迫っている窮屈な場所で。まあさすがに下の方は、サビダニやらなんやらでもう葉がなくなってスカスカではありますが。次なる収穫ブツがちらり、みえてます。(7/11)
ごみ箱で水耕栽培のトマト「Mr.浅野のけっさく」株姿

4段目。いいぞ、その調子。
ごみ箱で水耕栽培のトマト「Mr.浅野のけっさく」

5段目。よっ、めざせ大玉!
ごみ箱で水耕栽培のトマト「Mr.浅野のけっさく」

6段め。折れてた!ガーーーーン。とりあえず、紐で上から吊ってはみましたけども。復活するかしらん…
房が折れてしまった中玉トマトMr.浅野のけっさく。


さて、収穫したトマトですが、ヘタをとって大きいタッパーに全部みな一緒くたに放り込んで食卓へ。ぜんぜん色気なし。
タッパーに入れてつまむ。味気ない扱いですが。

せめて、ガラスの器とかに盛り付けりゃあ体裁がいいのに。めんどくさいからタッパーに指つっこんでつまんでますのさ。まったくもう、ピーナツじゃあるまいし。
お味はいずれも、ふつう、かなあ。糖度5くらいでしょうか。このお天気ですもん、しょーがないでしょう。
あ、「純あま」の食感が皮ごと食べるマスカットみたいでおもしろいです。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| トマト | 14:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

梅雨時とはいえ、愛知県の我が家の辺りでは、時々晴れ間が・・・
でも関東・東北の方は、日照不足ですよね~
来週には、晴れて欲しいです。

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2019/07/13 22:27 | URL | ≫ EDIT

こんにちは〜(*^-^*)

ともこさんのMr.浅野、大きいですねぇ!
茎も太いし、中玉とは思えない風格。
我が家の浅野さんも毎日収穫させてもらえてまして、お味も食感も大変気に入っているのですが、放任栽培のせいか、ここまで大きい実にはならないや。
ともこさんは一本立てにしていらっしゃるのかな?
Mr,浅野のポテンシャル、侮れませんねー!
私も秋冬は、枝を整理して大玉狙ってみようかしらん♥️


| Naomi | 2019/07/14 09:08 | URL |

kasugai90さんへ

おや、kasugai90さんの御地は晴れ間もおありでしたか。いいですねえ、助かりますね。
とはいえ、晴れてるうちに進めるお仕事のときは、大忙しかもしれませんが。
こちらは、雨具屋さんとコインランドリーさんが賑わってるようで、雨降りもだいじだあと思ったりしてます。

| ともこ | 2019/07/15 14:37 | URL | ≫ EDIT

Naomiさんへ:お役にたちますかどうですか…

Naomiさん、こんにちは〜(*^-^*)
すでに収穫バンバン、おめでとうございます。ブログ記事のでっかいトマトのお写真を拝見し、うっとりしとります。

Naomiさんのお察しのとおり、Mr.浅野、1本立てです。なにしろベランダが狭いもんで、みなどれも1本立てにしました。
実がいつになく肥大した理由が、私にはよくわかっとらんのですけども、今年のトマト栽培がこれまでと違った点を思い出してみまするに、

【その1】Naomiさんのブログにて紹介してくださった記事、
・「あく抜きベラボン」使用。
・穴鉢の底を十文字にし、ベラボン付きの苗を入れる。
…を、実施したことでしょうか。
ネットを使わなくてすむので、根がとてもよく広がっています。うれしいです!

【その2】液肥ですが、スタート時はOATハウス(旧大塚ハウス)で、途中からハイポニカへ。しかも、横着して入れ替えず、そのまま足したりしてテキトー(゚_゚i)タラ~

今、凄い勢いでハダニやらが攻めてきてるので、青トマトをつけたままの葉なし・骨棒街道まっしぐら。梅雨明け前には、没落かと( ̄_ ̄|||) どよ~ん、です。

| ともこ | 2019/07/15 15:22 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1779-ca1b94cd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT