FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トマト苗作戦あれこれ

いまベランダのトマト苗は、ほとんど棒であります。5月に種まきしたら梅雨の長雨に突入。みごとな徒長姿にお育ちでござんす。(撮影:8/9)
枝葉の少ない徒長したトマトの株

さらに、下の方の葉から順番に黒く変色し枯れ落ちていくので、ますます棒状態。
トマトの葉が黒く縮れる

それでも、実はいくつかできてます。

「純あま」だけは挿し芽だけあって成長が早いのでしょう、一房分着果していました。
この一房のみまともなトマト(純あま)

種から栽培の「Mr.浅野のけっさく」などは、ところどころ欠けています。
わずかに実をつけているトマト(Mr.浅野のけっさく)

てなことで、どの株も実が楽しめるのはせいぜい3段分くらいでありましょう。

そこで、次なる一手、挿し芽作戦へGO!
この秋の収穫をめざすべく、各苗から脇芽を取って毎日水替えに励んだんでございますよ。(撮影:7/28)
トマトの挿し芽苗。前回撤収したときの名残です。

けれども、この暑さで水がぬるむためか、茎が腐ってしおれちまうんだよなあ。

かろうじてこの1株(Mr.浅野のけっさく)だけが残りましたけども。(8/9)
脇芽を水にさして挿し芽にしてます(トマトのMr.浅野のけっさく)

このままではついえてしまうぞなもし。さあて、どうしたもんやら。

ジャジャーン。それがですねえ、徒長してる株の脇芽を放置していたら、けっこうな大きさになりましてん。

こちら「Mr.浅野のけっさく」の根元です。
大きくなってきたトマトの脇芽(Mr.浅野のけっさく)

ということは、この脇芽をそのまま育てればよろしいのよねえ。
これなら挿し芽みたいに植えかえいらず。な~んて楽ちんな♪うれしいぞ。

もう一株の「Mr.浅野のけっさく」にも脇芽。まだ小さいけど。
脇芽(Mr.浅野のけっさく)

「キャロルパッション」さま、期待してますよ。
脇芽(キャロルパッション)

「フルーツゼブラ」どの、まだ小さいがこんなに低い位置から脇芽を出したのはGOODです。上には余裕たっぷり。どうぞお気づかいなくどんどん伸びておくんなさいまし。
脇芽(フルーツゼブラ)

棒のトマトですが、今後のご活躍をおおいに期待しておるしだいです♪

【おまけ:ふしぎなトマトソース】

ところで、前回(7月25日/関連記事はこちら)最後にベランダで収穫した青いトマトですが、しばらく放置して追熟させ、冷凍しておきました。また、近所でお借りしている畑でとれたトマトも同じく冷凍。けさ、この2つをあわせてトマトソースを作ることにしました。

皮の色はどちらもほぼオレンジ程度には熟しているように見えたのですが、皮をむくと、ベランダの追熟トマトは青いもの多し。追熟といっても、中身まで充分赤くはなってなかったみたい。あーらま、ですわ。
追熟させたベランダのトマトと畑で収穫したトマト

ところで、トマトソースってどうやって作るんでしたっけ? ネット検索してのちスタート。
みじん切りタマネギ+コンソメ+ケチャップ+ピザソース…で、どうかしら?ニンニクは対人問題が発生するので入れませんでしたけど。ジップロックの袋に入れて、やれやれできました。

ソースを作った中華鍋を洗ったら、あ~らまあ、ピッカピカ!なんてきれいなお鍋さん。
トマトソースを作ったら中華鍋がキラキラきれい

あの黒い焦げ焦げ部分が消えちゃった。いったいどこへいったのでしょう。
なお、ジップロックに入れたできたてのトマトソースはこのあと、畑を一緒にやっている友人たちにおすそ分けいたしております。
ホーッホホ。ふ・し・ぎ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| トマト | 21:17 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

もう秋のために、少し片付けですね~

台風、来そうですね!
我が家のベランダも、台風に備えてちょっと片付けなくては・・・

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2019/08/09 21:52 | URL | ≫ EDIT

kasugai90さんへ

えっ、秋の準備、ですか。そのこと、すっかり忘れてました。まだかき氷も食べていないんだが、と夏モードでおりました。
そうですね、8月もなかばですもん、秋まきの種の準備もしておかなくちゃでしたね。

台風、心配です。なんでもゆっくりな進度とか。kasugai90さんも、どうぞご準備なさってくださいませね。
私は、日頃おさぼりしているベランダのお掃除もやっておこうかと。こういうときだけは、狭さがありがたいです。へへっ

| ともこ | 2019/08/10 15:56 | URL | ≫ EDIT

挿し芽の水換え

私、面倒くさいってのもあって、挿木の水換えはあまりやっていません。
週一くらいです。
塩素とか、水温急変とか、かえって良くないかもしれません。
直射日光があたらないようにして、風通しが良い所に置いて気化熱で水温が上がらないようにしています。

| れき太郎 | 2019/08/11 06:04 | URL | ≫ EDIT

れき太郎さんへ:お教えいただきありがとうございます。

ここ数日留守にして、挿し芽苗の水かえをしていなかったのですが、ほんに、れき太郎さんのおっしゃるようにだいじょうぶでした。いや、びっくり!
前回失敗したのは、どうやら「風」だったようです。その後、開け放してある掃き出し窓のすぐ近くに置いてみたらしなだれて弱っていき、窓から離して置き直してみると復活していました。風が強く通り過ぎるのもよろしくないのだと知ったしだい。おかげさまで、挿し芽苗作りに弾みがつき励んでおります。

| ともこ | 2019/08/16 12:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1793-69532c8e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT