FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あく抜きベラボンでギューッと挿し芽苗作り

数日留守にしているあいだ、水に挿しておいたトマトの枝から根がでていました。水を取り替えてもいないのに、よくぞまあ、ですが。
この日はその根がでた枝を培地に植える作業をすることに。

穴のあいた鉢=穴鉢(あなばち)と、同じくらいの大きさのポットを用意。(撮影:8/16)
穴鉢とポット。

ポットの中に穴鉢を重ねました。
ポットの上に穴鉢をかさねる。

培地の「あく抜きベラボン(ヤシの実の砕いたもの)」を数センチ高さまで詰め、ここに挿し芽をいれようってわけですな。
あく抜きベラボンを少し入れる。

あく抜きベラボンをさらに2センチくらい入れ、上からぎゅーっと押して挿し芽をしっかりさせました。
あく抜きベラボンの中に挿し芽を埋め込む。

でも、なんかちょっとベラボンが少ないことにお気づきかもしれませんなあ。へへへ。
じつはベラボンをけちっております。ほんとは穴鉢のふちまでぎっしり詰めたいところなんだけど、お高いのでこんなもんで許せなのだ。
とはいえ、このままでは上の穴から光りが入って、藻がはえそうであります。

そこで、アルミホイルで穴ぼこをお隠しする細工をほどこしました。建築の仕事だったら大問題な材料不足インペイ作戦ですな。
穴鉢の上のほうの隙間をアルミホイルでおおう。

さてさて、この後をご注目くだされたし。ポットから穴鉢を抜き取ったところです。
ポットから抜き取った穴鉢。ベラボンが圧縮されている。

この指で圧縮したベラボンのなにがいいかって、ベラボンに植えかえてすぐペットボトル容器にも入れられることなんです。通常なら、根が充分ベラボンの中を張り巡らすようになるまでしばらくポットのまま待つのだろうけど、こうして圧縮するとさっさとペットボトルに入れられるんである。栽培段階を一つ先へ進めることができるのです。(ほんとか?だいじょうぶか?)

おーっと、液肥をしみこませて吸い上げるフェルトの装着を忘れてました。あわてて、ピンセットで穴鉢に押し込む。泥棒を捕らえてから縄をなうの図ですわ。
忘れていた液肥を吸い上げるためのフェルトを取り付ける。

やれやれ、これでいいかしらね。
穴鉢+ベラボン+挿し芽のセットが完成。

液肥をみたしたペットボトル容器にポチャンと漬けましたあ。
ペットボトルにセットをいれる。

ベラボンが液肥の中にちょっとは散らかるけど、たぶん問題ないでしょう。
挿し芽苗と栽培容器の完成。

ペットボトル容器に入った苗は、液肥がたっぷり入ってるから追加する手間が少なくてらくちーん。数日室内で管理したのち、ベランダへお出しするつもり。ニョキニョキ育っておくれ~、なのだ。


なお、ベラボンではなくバーミキュライトなどに挿し芽をした場合は、培地がさらさらして絡み合わないからこうはいきません。キッチンネットの中にバーミキュライトを入れることになります。

すると、下記のはキュウリの実生の場合ですけど。

その1.バーミキュライトを入れたキッチンネットごしに出てきた根。
キュウリの根。培地がネットに入ったバーミキュライト。

その2.あく抜きベラボンから出てきた根。
キュウリの根。培地があく抜きベラボン。

くらべると、ネットなしのほうがすんなり根が伸びてる感じがするんだなあ。まあねえ、根がすんなり伸びてるからって成長にさしたる影響がないのかもしれませんが。なんとなくね、いいかなあと。ネットの準備もいらんわけだし。

てなことで、できれば今後ともキッチンネットを使わなくてすむ「あく抜きベラボン」を圧縮して使っていけるといいなあと思ってます。
(お値段がお安いとなおうれし。)

絶賛 トマトの挿し芽苗製造中!
トマトの挿し芽苗

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| トマト | 16:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

これで、秋・冬トマトの苗ができましたね~

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2019/08/17 22:39 | URL | ≫ EDIT

kasugai90さんへ:残・残・残暑お見舞い申し上げます

はい、おかげさんでなんとかかんとか。
まだベランダに出すとしおれそうなので、しばらくは冷房付き室内で涼しくお暮らしいただく過保護生活っぷりでしょう。
うまく根付いて数粒でも実をつけてくれたらうれしいです。

| ともこ | 2019/08/18 15:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1795-03fc922a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT