FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

イチゴ:ランナー切り離し栽培のその後

8月5日。イチゴ(四季なり「めちゃウマ」)からランナーがでたので、苗を作ることにしました。

一郎株と三郎株は、すでに培養土に着地させています。(培養土は溶岩礫。「れきこう栽培ドットコム」のれき太郎さんより頂いたお品です。)
イチゴのランナー。実験前の状態。

二郎株はランナーが短すぎてペットボトル容器に移せそうもありません。そこでランナーから切り離し、単独で葉っぱも取って植えることにしました。
ランナーから切り離したイチゴの苗。大きい葉も切り落とす。

はたして、こんなほとんど茎ばかりのやつで育ちますかねえ。

8月18日(13日後)。二郎株さんは、葉が開いてご健在。あら、この作戦いけるかも。
イチゴ苗。ランナーを切断して植えても育つ。

調子にのって四郎さんも五郎さんもランナーから切り離して植えてみました。小さい葉っぱは、もったいな気がして取らずにつけたまま。容器の下にはハイポニカの液肥を満たしました。培養土は、バーミキュライトでもうまくいくのかお試しです。

それにしても、ランナーをつけたままだと親株のまわりに子株を配置しなければならず、設置場所に悩みますけど、早々に切り離してよいのなら、レイアウト簡単。こりゃ便利。
とはいえ、切り離した苗はまだ充分に葉が出そろっているわけではありません。今は室内で管理していますが、ようすをみながらベランダにだしてみようと思ってます。

さて一方、ランナーからふつうに育った一郎株と三郎株のその後です。(親株のほうは根が傷んだので処分しました。)

一郎株。葉が茂っていっぱしの株っぽくなっとります。
イチゴの苗、一郎さんに花芽。

しかも、この暑いさなか、花が咲いて実をつけようとした形跡あり。受粉に失敗したのでしょう、黒いのでボツにいたしましたが。
花芽が傷んでいる。(四季なりイチゴのめちゃウマ)

三郎株。ちょっとヒョロヒョロ。がんばれ~。
イチゴ苗、三郎さん。


ところで、この四季なりイチゴのめちゃウマには、これらの株とは別に、まったくランナーを出していないのが一株あるんでございます。

こちらさんですわ。お盆も過ぎたというのに、実をつけておるという。
夏の四季なりイチゴのめちゃウマ

だいぶユニークな形ではありますがね。
夏の四季なりイチゴのめちゃウマの実

花も咲いてるからまた実をつけるらしい。
夏の四季なりイチゴのめちゃウマ。花が咲いている。


この株は春からずっとこんな感じで、ときどき花を咲かせて実をつけて。ランナーをお出しになるおつもりはないのかしら。
四季なりのイチゴといっても、ありようはいろいろなんだなあ。

マンション6階の当ベランダに来客あり。こんな麦茶みたいな色のカマキリもいるんですねえ。
ベランダに来たカマキリ

バジルにいるアオムシを食べていってくださるとうれしいんですけど。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| 四季なりイチゴ | 19:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

イチゴの苗。
だいぶ採れましたね!

我が家でも、そろそろイチゴの苗を分離しないといけないなぁ~
まだ実が生るので、肥料も与えておかないと・・・

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2019/08/19 22:42 | URL | ≫ EDIT

kasugai90さんへ:おあつうございます

肥料! お、そうでしたそうでした、実がなるときは肥料がいるのでした。
うちは水耕栽培なので常に肥料につかってる状態ですが、少しは濃度を変えたりします。イチゴはふだんは薄い液肥のままだったので、実がなるときのことを忘れてました。お教えいただきありがとうございます。
kasugai90さん、イチゴの分離作業をなさるのですね。どうぞ、涼しいときになさってくださいませませ。

| ともこ | 2019/08/21 14:48 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1796-343c8c3b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT