FC2ブログ

鳥対策委員会発足

本日、ついにヒヨドリあらわる!
そりゃあそうでしょうとも、畑に野菜が少なくなる冬でござんす。野山にだって緑が見あたらなくなっとるわけだし。
いやはや、マンションのこんな小さなベランダのわずかな野菜だって見逃さないとはねえ。

で、こちら、当ベランダ手すりに着地した犯人の目撃証言をもとにした似顔絵入り現場写真。(あ、正確には未遂でしたけど。)
ヒヨドリがベランダの手すりにとまっていたの図

まあ考えてみれば、これまでは手すりの下部分にはネットをはってあるからさして見えなかったけど、今、ちょうどトマトはネットのない手すりより上付近の実が赤いので、ヒヨに「おっ、なんじゃうまそうな」てなぐあいに気づかれてしまったんでしょうなあ。

いやじつは、目撃したときにはこんなに落ち着いた気持ちじゃありませんでしたぜ。「キーーーッ」と最初に叫んだのはわたくしで、その後からヒヨが鳴いて飛び立って行ったんであります。あれは仲間に「やべぇ、ここんち、おっかねえおばはんおるで~」とか知らせてるんですかね。

でも、飛んで行ったと安心していたら、またほどなく戻ってきて手すりに止まっておられはりますんですよ。隙あらばってやつですかねえ。

とっととヒヨ対策をいたさねばというんで、トマトの実にビニール袋とかタマネギがはいっていた網の袋をかぶせてまわりました。実が茎や葉っぱにからまっていたりするもんで、けっこうめんどくさいですわ。
ヒヨドリよけにトマトに袋をかぶせた。

ふと、足元を見れば、キャベツあり。いかん、これも、ヒヨドリのお好み食品ではないか。
ベランダの床に並べてある野菜。キャベツやレタスなど。

こりゃあトマトだけではすまんぞ。急ぎ、物置からネットを引っ張り出してきて、物干し竿に装着。

手すりより上の部分を覆うようにしてみた。
掃き出し窓から見えるトマト苗と、鳥よけのネット。

ほかにもこれと反対側にある、エアレーション付きで栽培している高級トマト苗さまにこそ、ネット張りしておかねば。
掃き出し窓から見えるベランダのトマトの株。エアレーションあり。

というわけで、ずいぶんと広い範囲にわたってネットを張り巡らせました。やれやれ、これで一安心じゃろう。

いや、どうかな。本来なら見つかる前に装着すべきであったのだ。すでにヤツらに見つかってしまったとあっては、なんとかしてこじあけてでも攻めくるにそういあるまい。今後も油断おこたりなく、警戒巡視必須であるぞ。者ども、気を引き締めよ。
って、こちらただ一人ですけどね。ヒヨドリは何羽もいるんだろうなあ。3羽寄れば文殊の知恵かもです。ふんぬ、がんばるぞ!

本日の収穫。守らねば。
1/23 収穫したトマト「Mr.浅野のけっさく」

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1857-f26f6a6e

Comment

kasugai90

近所の庭の柿や温州ミカンなど樹にも、たくさんの鳥が!
食べる気が無いので、放置しているのでしょうね~

ポチ、ポチ、っと!

ともこ

あーれま、柿にミカン、食べ放題ですか。いいなあ、鳥さんがうらやましいです。
それにしても、収穫するのは大変そうです。梯子をかけたり高枝切りばさみを使ったりして簡単ではないですもんね。梯子の下でおさえる手伝いをしたことがありますが、揺れてハラハラしました。
食べるお手伝いは得意なんですけどねえ、へへッ。



ふんわり

はじめまして。こんにちは。

うちのミニトマトには、カラスがやってきます。
全部食べるならまだしも、おいしくなかったと言わんばかりに
ちょっとつついて放ったのが、その辺にごろごろで
悔しいので赤くなる前に収穫しています。
網を二重にしても突かれたんで。。
  • URL
  • 2020/01/27 03:37

ともこ

はじめまして ともこ と申します。
コメントをいただきましてありがとうございます。

いやもう、お知らせいただいたカラスの仕業にびっくりです。思わず、「なんてヤツだあ!」「食べたら“ごちそうさまでした”ってお辞儀して、お礼に金銀とか米俵とか置いてくもんでしょうがあ~」と叫んでしまいました。

とはいえ、カラスはヒヨドリなんかよりずっと大きいから、力もありそうだし、頭も賢そうですし、わたしなんて、即、反撃されそうであります。悩ましや。
ミニトマトの完熟を待てないのは、ほんにくやしいです。
ご近所の方で、トマトの実のまわりにトウガラシの汁を塗りつけてみた方がおられました。虫は寄りつかなくなったそうですけど、ほんの少しだけど実に辛みが残ってしまうみたいです。肝心の鳥にはどうだったかは、まだお聞きしてません。
このうえは、自動で見張るドローンとか開発して頂きたいもんだと思ったりしております。ああもう、ほんにくやしいですっ。
ふんわり様、ともに闘いましょうぞ!
フレーフレーです。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

ともこ

Author:ともこ
『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
当ブログは08年5月に開始して11年経過。(本名:藤森知子)
--------***--------
【私(ともこ)に関するリンク】
・所属する人形劇屋のホームページ
人形劇のあかぱんつ
・絵と話でつづるブログ
とも小話

カテゴリ

ともこ宛てにメールをどうぞ

なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

メールは 非公開とさせていただきます

検索フォーム

月別アーカイブ