FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜の水耕栽培。冬トマトが美味しいと知る。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワイヤーネット方式の水耕栽培

ベランダ園芸をたのしむにあたり、「資材は少なめ、収穫は多め」を旨としておるゆえ、栽培容器やら道具類は極力買わないようにしているはずだったのに、のに、です。手に入れてしまいました、「ワイヤーネット」なるもの。

何に使うかともうしますと、ペットボトル容器を置く棚であります。
ワイヤーネットを手すりに引っかけて使用。

ワイヤーネットは、買ってきたときは平面の網。それを手で(足で)強引に折り曲げ、手すりの形にそわせる形にした力業で棚に仕立てております。
いえね、てきとうに曲げようとするとあまりにテキトーに曲がっていくので、ワイヤーネットを机の角にのせてから、角をガイドにして折り曲げてみたら、まあちょっとはましに湾曲してくれました。なかなかに手強いやつ。でも、それなりにはできましたぜ。

これに気をよくして、今度は容器のまわりにフェルト布(ポリエステル100%)で作ったカバーも装着。しかも手縫いでステッチまでしちゃってからに。
フェルト布でペットボトルにおおいをする。

われながら、よくやったです。
じつはね、フェルトを留めつけるのに、最初はホッチキスでやってみたんだけど、繊維のあいだから抜け落ちてくるらしく、ちっともとどまらないのだ。しかたなく針と糸をだしてきたんだが、生地の幅が足りなくて、つきあわせに縫わなければならなくなり、この×印になるステッチにしたというわけ。めんどくさ~。

なお、この装置にする以前はこんな姿でありました。ペットボトルが、ぶらぶら~。
ネギの水耕栽培。コンクリートの手すりにペットボトルをかけてしよう。

構造ですが、まずは、クリーニングでついてくる針金ハンガーをペットボトルの形に折り曲げてます。
針金ハンガーを曲げてボトルをのせる装置にする。

次にハンガーの枠にペットボトルをはめ込み、ひもでくくりつけます。
ボトルに針金ハンガーを装着。

ハンガーを、手すりにわたしたフック(ブロック用壁面プランターフック/1本120円ほど)にひっかけておしまい。
フックにハンガーを引っかけている。

フックが1本だと安定しないときは、2本使ってハンガーをかけたりもしています。
ブロック用壁面プランターフックなるもの。

が、しかしこのプランターフック式は、うっかりさわるとボトルが揺れます。たまーに、はずれてベランダ床にドッシャーン!落ちます。さすがに階下には落ちませんが。

とまあそんなわけで、このたび新設したワイヤーネット式のほうが安定してよろしいと思ったわけです。
ですが…。

ペットボトルは他にもまだこんなにあるのでした。全部で12本。
フェンスにはフックを取り付けてペットボトルを下げている。

えーっとまずは、お財布の計算をしてみました。
残り12本のペットボトルをのせるためには、

・ワイヤーネット(百均屋さんで200円/1個)×6個(1ネット2個のボトルがのせられる)=1200円

さらに、このワイヤーネットが痛んだり不要になったときに廃棄する場合は、
市の燃やさないゴミを入れる袋(大/40リットル相当)=300円/枚

…しめて1500円の投資(散財?)となる、ですかね。

あ、この場合、折り曲げる力仕事ももれなく必要だから、心してかからねばなりますまい。
うーーーーむ。この案件でしばらく、「考える人」になりそうですわあ。

【追記】
・ワイヤーネットの存在は、以前からネットでちょくちょく見かけてましたが、このたび園芸関係のグループの方から教えていただくことがあり、やってみたく思いました。お教え頂き、ありがとうございます。
・上記のフェルト布につきまして。ペットボトルにはすでにアルミホイルが1枚巻かれており、遮光はこれだけで充分だけど、ホイルの強度が弱いので、何かその表面をカバーするものとしてフェルトを使ってみました。銀色のシートでもよかったけど、落ち着いた色合いにしたくて遊んでみましたとさ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| 栽培用具 | 16:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こうしたちょっとした手間で、いろいろ便利になりますよね~

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2020/02/16 22:06 | URL | ≫ EDIT

kasugai90さんへ

はい、ほんに便利です。どなたが最初に考案してくださったのやら。
私は百均屋さんに行っても必要なものを買うばかりですが、ブログ「まりちゃんのベランダ水耕栽培」のミーママさんとご一緒したときは、組み合わせたり・切り離したりといろんな発想がすばらしくてとてもたのしかったです。

| ともこ | 2020/02/18 10:27 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1863-24fb22fd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT