FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜の水耕栽培。冬トマトが美味しいと知る。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

夏の葉物試作苗あれこれ

夏に向かおうってときに葉物野菜を育てるというのは無謀な感じもいたしますが、まあお試しってことで、5月末にタネまきしたのがちょっぴり育ってきました。(撮影:6月25日)

この容器には、全部で4種類をほんのすこしずつ。
6/25葉物野菜お試し水耕栽培

こちら、上記写真の一番左端のモロヘイヤ。わりとしっかり本葉がでてました。
6/25 モロヘイヤの水耕栽培

モロヘイヤは夏向きの野菜だそうですから、これから暑くなるにつれ成長が進んでくれるにちがいないと期待しておるところです。

クレソン。川などの水際で育っている植物だそうですので、こちらもまあまあなんとかいけるんじゃないかしらね。
クレソンの水耕栽培

ミブナ(壬生菜)は、……どうですかねえ。冬の鍋に入れるイメージですけど。こちらは「京なじみ」という品種でコンパクトに育ち、サラダにもいけるらしいです。
壬生菜「京なじみ」の水耕栽培
とりあえず、このままでは密集しすぎなので、間引くことにしましょ。


お初栽培の「アレッタ2早生」。ブロッコリーとケールを組み合わせた野菜だそうです。
ブロッコリーとケールの合成→アレッタ2早生 水耕栽培

なんでも、タネまき時期的には、6月末から9月までなので、一応セーフみたいです。でも、茎が伸び上がる徒長(とちょう)ってやつになりがちで、用土を上から足して足して、隠蔽工作。すでにポットから用土がこぼれそうなあんばい。どうか、これ以上徒長しないでいただきたいもんであります。

「セルリー ミニホワイト」。セロリのコンパクト版だそうな。
ミニセルリーの水耕栽培

発芽率がすこぶるよろしくて、ポットにびっしりはえました。お日様方面に傾いてしまうので、ポットをくるくる回すようにしなくっちゃ。

反対に、発芽率がひじょーーーによろしくないのが、この「オカヒジキ(岡ひじき)」
オカヒジキの水耕栽培

ポット一面にタネまきしたはずなんだけど。ぴろぴろっと、何かの毛ぐらいにしかはえてくれませんでした。これじゃ食べても食べた気がせんでしょう。おさびしい限りであります。

よおし、もう一度タネまきチャレンジ。今度こそ! 思い切ってタネ袋ごとドバーーッとぶちまけてやりましたぜ。(6/28)
オカヒジキのタネまき(6/28)

すっからかん。もう一粒も残ってません。どうか切に切にお頼みしますよ~。
(かくして、215円/袋が消えました。)
なお、タネ袋の解説には「至って作り易く家庭菜園に好適の多収穫種」とあり。
うーん、そういうのに限って失敗しそうな気が…。なんかプレッシャーですわあ。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
にほんブログ村 花・園芸ブログ 屋上・ベランダ菜園へ
にほんブログ村

水耕栽培 ブログランキングへ
関連記事

| 種と発芽 | 15:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

我が家でも、また「小カブ」やホウレンソウの種蒔きをしてみようかな?

ポチ、ポチ、っと!

| kasugai90 | 2020/06/28 22:26 | URL |

kasugai90さんへ

おっ、kasugai90さん、タネまきなさいますか。
冬とちがって今は、タネをまけば発芽しますもんね。たのしみたのしみ。
挿し芽もできる季節だから、これまたあれこれ増えそうですね。

| ともこ | 2020/07/01 14:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/1906-ec953c42

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT