• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2010/08/29(Sun)

ベランダミニきゅうり:収穫最盛期だろうか

家を留守にするからと、まだ少し小さいミニキュウリまで収穫しました。(撮影/10.8.26)

お皿一面にミニキュウリだなんて、うふっ♪ これぜ~んぶ食べてでかけました。

さて戻ってきたら、またもやミニキュウリが。(撮影/10.8.28)

今度はちょっとビックサイズもあり。出かける前にとりそびれたんだろうと思います。こうして、またしてもミニキュウリ食。このぶんでは、私がカッパになる日も近いでしょう。
なお、このミニキュウリの苗は、葉っぱさんより頂戴した挿し芽です。

…ところが、その後に続く収穫はちょっとお休みのようです。まだ実が小さいんだなあ。


ところで、この挿し芽の苗の他に、もう一本同じ品種の苗が育っております。こちらは、葉っぱさんから切り花というか切り枝をいただき、コップに水を入れて発根させた苗

こんなに立派になりましたんよ。

そしてこちらにもじつは今、ジャジャーン!!

実ができておるのじゃ♪ ぼちぼち食べ頃でしょうかのう。


じつはですのう、このコップに水で発根した苗ですが、すこしばかり寄り道をしてこんなふうに収穫できるまでになったのです。

こちらは上記の写真より前の8月26日の様子。

右側の方が最初に育っていたところ。主枝っていうんですかね。左側がわき芽です。そして、このうちの右側部分を切り取ってしまいました。といいますのは、右側にも実ができかけてはいたのですが、生長点とその下の葉っぱ数枚と実が、さわると固くなってバリバリしている。なんだか木化してきた感じなのです。おそらくなんらかの理由で生長が止まってしまったんじゃないでしょうか。
そこで、元気なわき芽の方を生かして育てることにし、主枝は思いきってとってしまったというわけです。

それにしても、こんな事態はもしかすると「コップで発根させた」からどこか弱っちいところがあったのかなあと思ったり、いや、わき芽取らなかったから主枝が弱ったのか…。ともあれ原因はさだかではありません。

まあそんなわけでして、この2本目の挿し芽苗がこれからめでたくどんどん育ってくれたら、最初のいただいた挿し芽の株と合わせて、長い間収穫を楽しめるっていう寸法ですな。お得なお得なぶふふっ、なんであります。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : キュウリ |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • いやはや、ベラQ大活躍しておりますね
    さすがともこさん、愛情でしっかりその気にさせておられます
    第二弾もうまく主枝交代できて・・・・

    うちもラリーノいただいております
    キュウリ、美味しくてもっともっと食べたい毎日です
    かなりの本数がとれているようですね
    後で何本になったか教えてください
    ともこさんのところでは、ベラQのほうが収穫量多かったのかな?
    キュウリ、アブラーとかハダニにやられないようにするのがポイントですね

    アロイちゃんはどうしたんでしょうね
    ちりちりってなんでしょう?
    虫とか?
    何とか味見ができますように

    モロッコいんげんのつるなし・・・これも私が探していたのですが…今期は間に合わないようなのであきらめました
    ラリーノといい、なんだか好みが似ているようですね



  • キュウリ豊作ですね。それにともこさんの野菜は虫にやられるのが少なくて、きれいでうっとりです。
    ところで、キュウリの枝も挿し芽で成長するんですね。いざというとき役立ちそうです。
    ともこさんのカテゴリ、野菜の種類の多さを見ていつも目がくらんで倒れそうです。それを愛情もって育てているのがよくわかります。
    『スゴイ!』の一言。

  • 葉っぱさんへ:挿し芽組合長どの

    ハイ、もうおかげさまでベラQ真っ盛りであります。こりゃあ挿し芽組合長の葉っぱさんには貢ぎ物をせねばなりません。お礼にベラQでも(^^)わはは

    うんうん、ほんとキュウリってたのしいんですねえ。梅雨の頃は虫やらじめじめやらで泣かされましたが、こう暑くっちゃ虫もひっこんじゃってるみたいですもん。これは暑さに助けられました。

    葉っぱさんちのラリーノがこれまた豊作のご様子で何よりです。
    葉っぱさんもそのキュウリバリバリ食べておいでなんだろうなあ。目に見えるようです。

    そうそう、収穫の本数ですが、今日までのところ26本/1株です。
    ラリーノは34本/3株でしたから、上回ってます。

    アロイトマトですが、とりあえずその後はおかげさんで「ちりちり」にはなっていないようです。あとは受粉が成功すればなあ…と願い、毎朝筆でちょこちょこ作業をしておるようなわけでして。

    > モロッコいんげんのつるなし・・・これも私が探していたのですが…今期は間に合わないようなのであきらめました
    > ラリーノといい、なんだか好みが似ているようですね

    ほ~んとだ。私もそう思います!

  • プカプカさんへ:憧れの畑です

    わあ~、プカプカドラゴンのプカプカさんだあ! ありがとうございます。

    虫ですが、今年のナスやキュウリはその害虫が来ていないようです。
    「虫も好かないほどまずい」んじゃあないだろうなあと、思ったりもしますが。

    こちらはマンションの6階なので、蚊も来ないのはありがたいのですが、肝心の蜂もめったに来てくれず、ミニトマトはもちろん今はナスもすべて絵の具の筆で受粉させおります。
    プカプカさんの畑に飛んでおられる美しいチョウチョがうらやましい!
    プカプカさんちの自転車に巣を作ったハチに、うちの住所を教えてあげたいくらいです!

    あ、そうそう、ハエだけは来ますね。この間なんかそのハエが白ゴーヤの花にむらがってましたので、きっと白ゴーヤの受粉係を受け持ってくれたんじゃないかとうたがっております。
    虫にちがいはないのでまあいいんですが、どんな味がするんだろかと…。

    > ところで、キュウリの枝も挿し芽で成長するんですね。いざというとき役立ちそうです。

    いやあ、私も自分がやってみるまでは半信半疑でしたが、なんとまあできちゃいました。
    そうそう「いざとなったら」のお役立ちになりそうですもんね。
    先日その挿し芽の方法を葉っぱさんがブログで詳しく紹介なさっておられました。
    こちらです。↓
    記事:挿し芽の作り方・我が家流
    http://koubouneko.blog87.fc2.com/blog-entry-709.html

    > ともこさんのカテゴリ、野菜の種類の多さを見ていつも目がくらんで倒れそうです。それを愛情もって育てているのがよくわかります。

    いやあ、もしもプカプカさんがうちのベランダにお越しになったら、きっとあっけにとられることと思います。
    1本だけのナスだの、2本のミニキュウリ、3本のハクサイ、など。どれも片手で終わる苗の数。
    苗1本にかける異常な情熱。
    これって、なんだかよく言われる「一人っ子」を育てているみたいな状況だったりして。
    ワハハ、あぶないですね。

    もしかして、量の少なさを品種の数で埋め尽くして楽しもうとしているのではないかとも思えます。

    それより何より、ベランダは鉢やらなんやらでジャングル状態ですごいことになってます。
    あ、そうだ、ちゃんとお掃除しなきゃ。プカプカさんががっかりなさるかもしれないから。

Home Home | Top Top