園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜栽培。冬トマトができたらいいな。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミニハクサイ お黄にいり:夏のベランダで生き残り

7月29日に種まきしたミニハクサイで、名前は「お黄にいり」。連日35度とかいう暑さの中ベランダで育っています。

ちょっとみ、小松菜に見えるぞ。いや、どうみても小松菜。

こんなのが3株あり。
お助けハクサイマン

白菜なら、茎が白く広くなって「結球」するはずですよね。
この品種は種まき後50日で収穫できるとのことですので、あと20日で小松菜から白菜に変身するんでしょうかね。わあ、もしそうなるんなら見物だわあ。

だってですよ、背広姿のスーパーマンが電話ボックスの中に入ってくるくる回ると、見る間にスーパーマンの衣装に変わっていくところが一番おもしろいじゃありませんか。
となれば、この小松菜だってカレンダーを20枚めくれば、ほらスーパーミニ白菜に! …なったらいいなあ。
でもさ、白菜になれなくたっていいのいいの。葉っぱをかき取って食べれりゃいいんだから。

それにしても、暑い8月をよくまあここまで無事でしたわ。
ふだんは直射日光のあたらない明るいところに置いていますが、撮影時は夕方だったので涼しいベランダの手すりに並べました。
液肥のハイポニカで水耕栽培。内側にプラコップ。外側には綿棒が入っていた容器。これがちょうどいい大きさなんだなあ。しかも液肥の減り具合が透けてみえるから便利なのです。
そうだ、またこの綿棒買っとこーっと。でもなかなか減らないんだよなあ、綿棒って。
というわけで、この綿棒容器も「お気にいり」。
なお、この種はSunday, Sunny dayのNaomiさんから頂戴いたしました。うれしいことにまだ種があるのだ。今度は土栽培にしてみたいなあ♪

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| ハクサイ | 12:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/214-24ea957e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT