• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2010/09/08(Wed)

ナス:秋の夜長は木の下で

ミニキュウリの葉をかたづけたら、となりに置いてあったナスに陽がよくあたるようになりました。

これですこしはナスの高温障害を防いでくれたらうれしいなあ。
あ、「高温障害」というのはNaomiさん葉っぱさんから教えていただいたお役立ち情報です。詳しくは9月4日の記事のコメント欄をご覧くだされたし。

それにしても、今まで葉っぱで暗かったからナスの姿がよく見えなかったけど、こうして明るくなったらば、全貌がまあ歴然としちゃって。
枝葉がフェンスからはみ出していたんですねえ。

ついでに根元には水苔も添えました。水分蒸発を防いでくれますようにってね。



ところで、きょうは台風が来るとか。こんな巨体のナスをベランダにおいといたら倒れてしまうにちがいありません。そこで急きょ、室内によっこらしょっと大移動。床ではお邪魔になるのでテーブルの上に安置。

秋の夜長。ナスの木を眺めつつ心静かに読書(じつは漫画)などはいかがかと。

ね、なかなかりっぱな観葉植物でしょ。普通の実はあまりならなくて、「石ナス」ができる珍しいナスなんですよこれ。
こうして巨木をながめていますと、じつに気持ちが伸びやかになります。些細なことは「ま、いいか」って許しちゃう。これぞまさに寛容植物でありましょう。もしよろしかったらおためしを。

それにしても、室内一面に取り込んだベランダの野菜あれこれそれ。
今夜どこに寝たらいいんだろ…。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : ナス |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • すごすぎー!!

    うっ。ぷっ。ぶはははーっ(笑)
    写真、面白すぎですってばー(^ロ^)~~♪

    いやいや、大きく育ったものですなぁ。
    おナスも居心地が良いんでしょうね。
    生みの親:葉っぱさん+育ての親:ともこさん=最強コンビ説が浮上してまいりましたよ。

    東京も少し暑さが落ち着くようですから、
    これからが楽しみでございますね (=^_^=)

  • Σ(- -ノ)ノ エェ!?

    ナスって、そんなに巨大になるんですか!?
    うちのナスは、ともこさんちの半分もないかもしれません(^^;

  • Naomi さんへ

    すみません、お見苦しい限りでありまして。
    あまりにデカイなりで、もう腹をくくってつきあうしかないだろうとオケツまくってる感があります。

    そうそう、葉っぱさんはたいへん立派な生みの親。
    一方私はといいますと、葉と茎を大きくしすぎた(液肥たっぷりで甘やかした)犯人でありまして。
    この上は、どんな困った子ちゃんの植物でもやさしい愛情で見守ってくださるにちがいないNaomiさんに託したいと願ってやみません。
    なんでしたらNaomiさん宅までトラックでお運びいたしますですよ~。

    「いらん( ̄-  ̄ )」とおっしゃられそうだなあ…。

    それにしても、ぐぐっと涼しくなりました。
    ますます喜んで大きくなるんじゃないかという不安がよぎります。(^^;)ううっ

  • NORFさんへ

    うちの近所のお宅で拝見するナスはごく普通の大きさ(腰ぐらいの高さ)で、しかもたくさん実をつけているようです。
    一方、先日京都に行ったおり、農家の方の畑で見たナスは背がすごく高かったのです。人間の身長より高くて、竿のような立派支柱で支えてありました。
    あれは品種がちがうのか、それともその土地柄がそうさせるのかわかりませんが。
    しかし、株の横幅はうちのよりは小ぶりだったような気がしますが、どうなんでしょうねえ。

    ともあれ、うちのは妙にズータイがデカイのはまちがいないでしょう。恥ずかしながら…。
    ハイポニカ液肥を水代わりにガボガボあげていたこともまちがいありません。
    マグアンプKという肥料も化成肥料までもたっぷりあげていたことにまちがいはありません。
    あ~あ、自業自得ですよね、こんなじゃあ。

    NORFさんちは、うちの半分の大きさとのこと。
    これはつまりちゃーんと立派にお育ちなのではないかと思います。

Home Home | Top Top