• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2010/09/10(Fri)

ミニハクサイ お黄にいり:白菜まであと6日

ミニハクサイ「お黄にいり」(タキイ交配)は種まきから50日で収穫、と種袋にありました。
うちでは種まきが7月29日でしたので収穫まであと6日、今月の17日がその日にあたるわけなんであります。さあて、わがミニハクサイはどれくらい白菜に近づいたんでありましょうや。そのハクサイ度やいかに…。

まずは全身像から。

どうみても小松菜だった前回から比べると、いくぶん葉脈がくっきりして彫りが深くはなったような気が…。

続いて、横からの図。

葉っぱがぽんわりと丸みをおび、これから玉になろうって雰囲気をかもしだしているように思うんですが、ひいきめでしょうか。

葉の裏側。ここは、白菜として最もありがたみのある茎の白いところですが。

幅たったの1センチほど。思いっきり「ミニ」ハクサイ!

最後に、真ん中の芯。こんもりと巻いていく肝心要のその場所は。

小さい葉っぱが2枚ほど。お寂しい限りの葉数であります。白菜度ガタ落ち…、でしょうか。

今回は水耕栽培で試みています。直射日光には耐えられず、ほとんど半日陰で療養しつつこの猛暑を生き延びてきたと考えると、生存しておるだけでもありがたやですかね。
あと6日したら、ほっそりとしたモデルさんみたいな白菜(どうみても小松菜)になることでしょう。(食べ足りんだろうなあ…)

一方、次なる土栽培用もご用意いたしました。(種まき/9月2日)

こちらは直射日光下で育てています。ぜひむっちり太った白菜になっていただきたい。

なお、こちらの種はSunday, Sunny dayのNaomiさんより頂戴いたしました。
おかげさまで、白菜栽培のドキドキ初体験をたのしんでおります♪

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : ハクサイ |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • 立派な小松菜が(笑)

    できつつありますねー (^_^;
    これね、私が春に挑戦した時は、雪が降ったりして寒かったので、50日経っても苗サイズだったんです。その後、葉っぱが増えるにしたがって、少しずつ白菜っぽくなったものの、結球せずに終わってしまったのですよー。(アブラムシとアオムシとテントウムシの幼虫のパラダイスになっちゃった)
    だから、正しい育ち方が分かんないのです。アドバイスのしようが…(笑)

    あらやだ、難しい品種だったのかしらねぇ (^_^;冷冷
    でもでも、9月2日号は、気温的にも期待大ですぞ!!
    頼む~~お黄にいりちゃん、巻いてちょーだいねぇ!

  • Naomiさんへ

    うーん、虫さえこなければなあ。Naomiさんのお気にいりは、おしかったですねえ。

    「正しい育ち方」。ほんとほんと見てみたいです。
    「曲がった育ち方」ってもんには、ものすごーく自信あるんですけど…。

    白菜そのものが初めてなので、毎日がきょろきょろドキドキの観察気分でして。
    なんかもうのぞいて見るのがたのしいです。
    ミニという小さい株っていうのがまた可愛いと思うのかもしれませんなあ。

    なんとなんとNaomiさんのお見立てでは、9月2日号は期待大ですね~♪ あーら、うれし。
    明日はこちらを植えかえてみようと思ってます。
    入れ物でも大きくしたら株も大きくなるんじゃないかと思って。
    種だってまだありますので、じゃんじゃんおためししてみますよん♪

Home Home | Top Top