• プロフィール

    ともこ

    Author:ともこ
    『ジャガイモの花と実』(著:板倉聖宣/仮説社)という本の挿絵を描くべくジャガイモの種まきをしたことから、いつしかベランダが野菜ジャングルに。
    当ブログは08年5月に開始して8年経過。
    --------***--------
    【私(ともこ)に関するリンク】
    ・所属する人形劇屋のホームページ
    人形劇のあかぱんつ
    ・身近な出来事を絵を交えて報告するブログ
    とも小話

  • ともこ宛てにメールをどうぞ

    なんぞひと言 の便箋がわりにどうぞ

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    メールは 非公開とさせていただきます

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

まとめ
2011/03/15(Tue)

マメに達者で

このところどんな野菜を植えようかとあれこれ考えてみていたのですが、私の母からの話を聞いてすこしばかりですが思うことがあります。


母の家は海のすぐそばですが、かなり高台のところにあったため、波にのまれずにすんだようでした。しかしすぐ下の高さにまで水はきていたので、そこから下の家は全部流されてしまったとのことでした。
救援物資はまだ届かず、母は何人かのご近所の人たちと持ち寄った食料と衣類などでしのいでいたようです。

母と電話で話をしたとき、私が「大変だったでしょう」と言うと、「まんず、みなさんに心配かげでしまってすみませんでした。おかげさまで帰ってくるごどがでぎました。ありがとうございました。」とこたえ、「食べ物はどうしてたの?」と聞いたら、「何もなくても、米と水と味噌があったから、なんとかなったのさ」と申しておりました。

水というのは、断水した市の水道ではなくて、山から流れる清水をせき止めて貯めた共同の井戸のことです。夏の日照りのとき以外はさらさらととぎれることなく流れており、地域の人は、そこで農具を洗ったり野菜の泥を落としたりして使っているのでした。
水道局の方は市の水道の消費が少ないとこぼしておられたそうですが、母たちはタンクを掃除したり修理したりしながらずーっと使ってきたようです。
そして、その水がこのたびの煮炊きの役にたっているということでした。

それにしても、「味噌」というのは意外です。もしかすると、タンパク質と塩分という意味なのかもしれません。だとすれば、今のこの有事。味噌の原料でもある豆を育てるのがなかなかよろしいのではないかと想像してしまうのでした。

そしてその頼もしい希望の星のお豆さんが、じつは今ベランダでかように育っております。
紫エンドウ、花満開。


実もできつつあるんです。


ふっくらふくらんで傾斜してきたソラマメの福ならび。


いずれも筋肉の元、タンパク質。どんだけマッチョになろうというんだか。
ま、ごくごく少量ですけどね。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事
Home | Category : ソラマメ |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
  • http://blog.livedoor.jp/pkapka_dragon/

    お母様の「米と水と味噌」の話は心強いです。
    私もおかず無くても毎回味噌汁を作ることにします。
    お年寄りのつながりって本当にありがたいですよね。
    私の義母も一人暮らしなのですが、
    一時停電になったとき気遣って灯油を持ってきてくれた人が数人いて
    「売るほどある」らしいです。
    遠く離れている子どもとしては涙が出るほどありがたいです。

    紫エンドウ豆は莢も紫なんですね!驚き。
    花だけ紫のは植えたことがあったけど。
    ともこさんの菜園をみて、ずっとソラマメに心惹かれています。

  • 先輩♪

    やはり、ともこさんちの豆たちの方が一歩先行く感じですね。
    我が家のソラマメは、花ばかりで実はつかず散るばかりです。
    ファラオ様は着々と実っているようなのですが。。。
    スナックえんどうも花を咲かせ始めたようです(^^)

  • プカプカさんへ:もうあとすこしで春ですね!

    灯油が「売るほどある」とのお話。どんなにかうれしいことでしょう。
    こちらの近所のスーパーではお店の棚からパンやお米などが売り切れております。
    お一人で暮らしておられるお義母さまのところにこそ、必需品の備蓄をして差し上げたいなあと思うのですが…。

    そうですか、プカプカさんは味噌汁を必ずお作りになるのですね。
    おなべ一つでスープとおかずを兼ねてるところも強みですもんね。

    ソラマメをプカプカさんのひろ~い畑でお育てになったら、そりゃあもうサヤがみな天を向いてつんつんしていることでしょう。
    あ、そういえば、ぷかぷかさんは去年はたしか絹さやをお植えになっておられましたっけ。絹さやカーテンになって、ザルに山盛りでしたもんねえ。ああ、うらやまし。ソラマメなら、お米袋にぎっしりかも!
    うちのは、たぶん片手に数個の予感…。まあ、実ができたたけでもうれしいことかなあと、はい。ワハハです。

  • NORFさんへ:にやけております。

    そうでしたか。ソラマメ、せいぜい数個でも出来たのはでかしたってわけですね。おまけに「先輩」とまでいわれちゃあ、ラーメン一杯おごってさしあげねば。ぶふふ。

    NORFさんに、スナックえんどうの開花シーズンもきなすったか! なんとお見事なまめづくし。
    えんどうの白い花。ファラオピンク。ソラマメは黒丸つきの薄紫でしょうか。お花姿、和みます。拝見にいこーっと! 

Home Home | Top Top