FC2ブログ

園芸でちょこっと科学

種、大好き。極小ベランダで野菜の水耕栽培。冬トマトが美味しいと知る。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

チコリ:お初栽培キオッジャの味

チコリのキオッジャというものをプラコップの水耕栽培で育てておったのですが、そのうちコップは葉が広がる生長のさまたげになるのではずし、お茶パックに入ったままの株を液肥にじかにつけることにして待っておりました。しかしこのところ、それにアブラムシが激しく付着してくれるので、大きくなるのはあきらめて収穫しました。

こちら、黒紫色。魔女のマント風。


お若い黄緑色のぷっくりさんもあり。


このキオッジャは赤白になるそうだけど、まあこれなんか若干赤味があるようなないような。


色はともかく、この葉っぱがまるまってる雰囲気、なんだかどこかで見たようなと思ったら、春に食べるふきのとうに似ているんだなあ。
それなら、酢味噌和えにしてみようじゃないの。というわけで、さっそく軽くゆでて和えてみましたですよ。

ええ、もうにがにが。ほろにがの味。香りは風邪ひき中につき自信度ゼロですが、すーっとするいい感じ。こりゃあ酒の肴風味ですな。
フキノトウは「キク科フキ属の多年草」だそうですが、このチコリ(キオッジャ)、も「キク科キクニガナ属の多年草」だとか。どうりで似たようなお味でしたわ。
フキノトウもだけど、チコリも早春の味ってわけか。
ぐびっと、一杯やりますかねえ。

にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ
にほんブログ村
関連記事

| チコリ | 20:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://tyokottoengei.blog54.fc2.com/tb.php/329-66df57d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT